PCプチ技能向上委員会? > 無料でバックアップ

EASEUS Todo Backup を利用して無料でハードディスクを丸ごとイメージ化してバックアップ&リストア、またはクローンディスクを作成する方法

[EASEUS Todo Backup を利用して無料でハードディスクを丸ごとイメージ化してバックアップ&リストア、またはクローンディスクを作成する方法]

1.todobackup.zip をダウンロード。
http://www.easeus-software.com/download/todobackup.zip

2.解凍先フォルダに入っている[TdbSetup.exe]を実行してインストール。

3.EASEUS Todo Backup を実行。

EASEUS Todo Backup トップウィンドウ

4.以下詳細は丸投げ~↓
http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20090811_easeus_todo_backup/

EASEUS Todo Backup は、Windows を起動した状態でハードディスクをパーティションごと丸ごとバックアップ可能なフリーソフトです。

Windows 2000/XP/Vista、さらにはWindows Server 2000/2003/2008に対応しており、ブータブルCDの作成も可能です。

FAT12/FAT16/FAT32/NTFSに対応し、IDE/SATA /SCSI/USB外付けHDD/Firewire 外付けHDDもサポート。

理論上、最大1.5TBまで認識できるようになっています。

圧縮率やパスワード、指定サイズごとの分割、コメント入力による管理、MBRの復元、ディスクコピーによるクローン化、バックアップしたイメージファイルのチェック機能、イメージを仮想ドライブとしてマウントして中のファイルを個別に取り出せるなど、とても便利なフリーソフトです。

Macrium Reflect FREE Edition と同じ様なフリーソフトですが、そちらより強力ですね。

何よりWindows を起動した状態でクローンディスクが作成可能なので、CD/DVD ドライブの付いていないネットブックのバックアップにはもってこいのフリーソフトです。

結構前からEASEUS Todo Backup の存在は知っていたのですが、いざ利用してみると、EASEUS Disk Copy やMacrium Reflect FREE Edition より便利なことに気づきました。

良いフリーソフトです。

Acronis True Image とかほんと買う必要ないですね。

まぁ・・アレはアレでアレなんですけれど。

以上。

MSI Wind Netbook U100 Plus のHDD のデータを一切消すことなく新SSD にデータを移行して換装

[MSI Wind Netbook U100 Plus のHDD のデータを一切消すことなく新SSD にデータを移行して換装]

<My MSI Wind Netbook U100 Plus パープルホワイト>
MSI Wind Netbook U100 Plus パープルホワイト

いくらでも方法はありますが、今回採用した方法は以下の方法です。

1.DELL studio XPS 13 のSSD をPC 本体から取り外す。

2.MSI Wind Netbook U100 Plus のHDD をPC 本体から取り外す。

3.MSI Wind Netbook U100 Plus のHDD をDELL studio XPS 13 に一時的に接続。

4.HDD ケースに新SSD を入れ、DELL studio XPS 13にUSB 接続。

5.DELL studio XPS 13 を利用し、EASEUS DISK COPY をCD ブートで起動。

6.EASEUS DISK COPY を利用して、MSI Wind Netbook U100 Plus のHDD のクローンSSD を作成。

7.DELL studio XPS 13 に一時的に取り付けていたMSI Wind Netbook U100 Plus のHDD をPC 本体から取り外す。

8.HDD ケースから新SSD(MSI Wind Netbook U100 Plus のHDDクローン) を取り外す。

9.DELL studio XPS 13 に元々付けていたSSD を取り付ける。

10.MSI Wind Netbook U100 Plus に新SSD を取り付ける。

以上でMSI Wind Netbook U100 Plus のHDD のデータを一切消すことなく新SSD に換装できました。

どの方法が一番楽かを検討した結果、上述の方法を採用しました。

この方法を実行するには、ネットブックの他に『ノートパソコン・HDD ケース・EASEUS DISK COPY(光学メディアに焼き済み)』が必要ですが、すべて既にありましたからこの方法を選択しました。

ちなみに、MSI Wind Netbook U100 Plus にはメモリーを1GB 増設し、先日買った液晶保護フィルムBSPF01AS100 を貼り付けました。

期待していた以上に高性能、かつ使いやすくて大満足しています。

起動も非常に早いです。

たとえば電源を入れて(OS:Windows XP SP3)からブラウザを立ち上げるまでにかかる時間は約20秒くらいで済みますね。

HD 動画もまぁ普通に見られますし、今のところ全く不満はありません。

それほど人気のある製品ではありません?が、性能やコストパフォーマンスを考えるとかなり良い製品だと思います。

但し、バッテリーの持ち時間は噂通りに短いですね。

それでも新品だからか一応2時間以上は持ちますが~。

バッテリーの持ち時間を考慮すると、MSI Wind Netbook U123 の方が良いでしょうね。

ATOM N280 採用でメモリーが2GB積めて10インチのネットブックでバッテリーが5時間以上持ち35,000円ほどで買える製品はこれくらいしか知りません。

そういえば、My MSI Wind Netbook U100 Plus パープルホワイトはamazon で32,220円で購入したモノですが、昨日アマゾンでチェックしてみると、もともと欲しかったアーバンブラックが31,146円で売り出されていました・・・。

MSI 10インチワイド液晶ネットブック Netbook U100Plus アーバンブラック U100Plus-BK U100 Plus-BK

何だかなー。

ちなみに、先ほど再び見てみると、32,220円になっていました。

アマゾンも商品の値段変動が結構激しいので、買い時が難しいですね。

以上。

MSI Wind Netbook U100 Plus パールホワイト(激安?)をアマゾンで購入

現使用HDD のクローンSSD をお手軽に作成してノートパソコンのHDD をクローンSSD と入れ換える方法

現使用HDD のクローンSSD をお手軽に作成してノートパソコンのHDD をクローンSSD と入れ換える方法

[現使用HDD のクローンSSD をお手軽に作成してノートパソコンのHDD をクローンSSD と入れ換える方法]

1.EASEUS Disk Copy をダウンロード。
  http://download.cnet.com/Easeus-Disk-Copy/3000-2248_4-10867157.html (DL 先)

2.解凍先フォルダに入っている『dc2.iso』をiso 対応のライティングソフトでCD-R に焼く。
  <おすすめフリーライティングソフト>
  ☆DeepBurner☆
  http://www.deepburner.com/download/DeepBurner1.exe (DL 先)
  参考)http://freesoft.tvbok.com/freesoft/dvd_copy/deepburner.html

DeepBurner でiso イメージファイルをCD-R に書き込み

3.タイムリー GROOVY 2.5"HDD CASE SATA接続2.5"HDD専用/ブラック SATA2-CASE2.5 BK を用意。
  http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B001NKH3EM/enjoypcblog-22/ref=nosim/
  ※アプライドやTWO TOP でも似たような製品を980円ほどで入手可能。

4.HDD ケースのコネクタに自前で用意したSSD を接続し、
  PC にUSB 接続する。

こんな感じ(コレはSSDではなくただの2.5インチHDD ですが)。
HDD ケースのコネクタに自前で用意したSSD を接続してPC にUSB 接続

5.作成したEASEUS Disk Copy の入ったCD-R をCD ブートで起動させる。
  ※パソコンの電源を入れた後、
  [F12 キー]を押す(PC によっては違うキーかも)。
  [CD…]を選択してブート起動させる。
  参考)http://pctrouble.lessismore.cc/boot/cdboot.html

6.EASEUS Disk Copy を実行し、
  現使用HDD のデータを用意したSSD に丸ごとコピー。
  参考)http://www7b.biglobe.ne.jp/~kyo-/HDDc/HDDc3.html

7.現使用HDD のクローンSSD の作成が完了したら、
  パソコンの電源を切ってバッテリーを外し、
  PC 本体のHDD とSSD を入れ替える。

8.バッテリーを付けて電源を入れ、
  OS を通常起動させる。

すると、HDD のデータを削除することなく、今までと同じOS 環境で新たに取り付けたSSD を利用することができます。

コピー時間は私が試してみたところ30GB のC ドライブ を新SSD にコピーするのに約25分くらいで済みました。

ちなみに、取り出したHDD はHDD ケースに入れ、外付けHDD としてUSB 接続すると有効活用できます。

ドキュメント、デスクトップ、ピクチャ等の保存場所をC ドライブから外付けHDD に移行すると、SSD の書き込み回数を減らすことができ、SSD に優しい?です。
参考)http://enjoypcblog.blog32.fc2.com/blog-entry-41.html (悪要領)

また、コピー元のハードディスクは『EASEUS Partition Master Home Edition』でサイズを調整してからSSDにデータコピーするといいです。

☆EASEUS Partition Master Home Edition☆
http://www.forest.impress.co.jp/lib/sys/hardcust/defrag/easeuspart.html (DL 先)
参考1)http://furi-sofuto.com/2009/03/easeus_partition_master.html
参考2)http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1126521261

私の場合ですと、EASEUS Partition Master でC ドライブを30GB にサイズ変更し、それをOCZSSD2-1VTX30G(SSD)にコピー。

元々付いていたHDD はEASEUS Partition Master でC ドライブを削除して、D・E・F ドライブを作成し、外付けHDD として利用しています(実際は少し違いますが)。

(注1)EASEUS Disk Copy でHDD のデータをコピーするとき、SSD が認識されない可能性アリ???

(注2)EASEUS Disk Copy でデータはきっちりコピーされたはずだけど、OS が立ち上がらない可能性も考えられる???

(注3)EASEUS Partition Master でHDD のパーティションをいじっていたら、データが吹っ飛ぶ可能性もアリ???   etc.............

※この方法はもちろんHDD⇔HDD の交換時にも有効。

以上。

OCZ SSD VERTEX SATA II 2.5inch 30GB Read Max 218MB/s Write Max 161MB/s OCZSSD2-1VTX30G(amazon 14,202円 記事更新時)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B001PLUF6W/enjoypcblog-22/ref=nosim/

OCZSSD2-1VTX30G のベンチマーク結果@最近人気の爆速SSD(MLC)を購入してDELL studio XPS 13 に換装
| PCプチ技能向上委員会?トップへ |

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ