PCプチ技能向上委員会? > Windows 7 設定関連

Windows 7 でよく使うフォルダーを仮想ドライブとして割り当ててドライブ化する方法

[Windows 7 でよく使うフォルダーを仮想ドライブとして割り当ててドライブ化する方法]

例)「PCプチ技能向上委員会?」というフォルダーをA ドライブに割り当ててドライブ化。

1.[スタート]ボタンをクリック。

2.「プログラムとファイルの検索」に『cmd』と入力して[Enter]キーを押す。

3.「コマンド プロンプト」が表示されたら、『subst (仮想ドライブ名): (フォルダー名)』と入力して[Enter]キーを押す。
Windows 7 フォルダー→仮想ドライブ化
subst A: C:\Users\(ユーザー名)\Documents\PCプチ技能向上委員会?

※フォルダーの場所はフォルダー上で右クリック→[プロパティ]から確認。
※フォルダー名にスペースが含まれる場合は半角の<">で囲む。
例)"C:\Users\(ユーザー名)\Documents\PC プチ技能向上委員会?"

4.『exit』と入力して[Enter]キーを押し、コマンドプロンプトを終了。

これで「PCプチ技能向上委員会?」フォルダーのA ドライブ化が完了。
Windows 7 フォルダーを仮想ドライブとして表示

ドライブの名前を「PCプチ技能向上委員会?」に変更。
Windows 7 ドライブの名前を変更

■割り当てた仮想ドライブを解除する方法■

コマンドプロンプトを起動し、『subst (仮想ドライブ名): /D』と入力して[Enter]キーを押す。
Windows 7 フォルダー→仮想ドライブ化解除
上の例の場合はsubst A: /D で仮想ドライブが解除される。

以上。

Windows 7 のハイバネーション(hiberfil.sys)を無効(削除)にする方法

[Windows 7 のハイバネーション(hiberfil.sys)を無効(削除)にする方法]

1.[スタート]→[プログラムとファイルの検索]に『cmd』と入力→表示された[cmd.exe]を右クリック→[管理者として実行]をクリック。

2.コマンドプロンプトが管理者として開かれたら、『powercfg.exe /hibernate off』と入力し、[Enter]キーを押す。
hiberfil.sys 削除
これでハイバーネーションを無効にでき、hiberfil.sys ファイルが削除される。

hiberfil.sys

ハイバネーションファイル(hiberfil.sys)とは、パソコンを休止状態にする際、メモリー内のデータを一時的にハードディスクドライブへ保存するための予約領域。

休止状態を使わないという人は、Windows 7 のハイバネーション機能を無効に設定しておいた方がいいかも。

その方がHDD(SSD)の空き容量が増えるので。

特に64bit OS で大容量メモリーを積むとhiberfil.sys の容量が大きくなるため、ハイバーネーション無効によるHDD(SSD)の空き容量の増加はバカにできない。

hiberfil.sys を削除しても、[スリープ]はS3(PCによってはS1/S2)として作動可能。

■ハイバネーション有効→『powercfg.exe /hibernate on』と入力後[Enter]キーを押す。

Windows 7 のページングファイル(pagefile.sys)をなしに設定する方法

以上。

Windows 7 32BIT OS で4GB 以上のメモリーを認識させる方法

[Windows 7 32BIT OS で4GB 以上のメモリーを認識させる方法]

1.ReadyFor4GB をダウンロード&解凍。

2.解凍先フォルダに入っている「ReadyFor4GB.exe」を[管理者として実行...]。
ReadyFor4GB

3.[Apply]をクリック。

4.[OK]をクリック×2。

5.「ReadyFor4GB.exe」を終了。

6.今度は解凍先フォルダに入っている「AddBootMenu.cmd」を[管理者として実行...]。

7.[Y]と入力して[Enter]キーをクリック。

8.[Enter]キーをクリックしてコマンドプロンプトを終了。

9.Windows 32BIT OS を再起動。

10.ブートメニューに『Microsoft Windows 7 [128GB with ntkr128g.exe]』が追加されるので、それを選択してWindows 7 を起動。

Windows 7 Home Premium SP1 32BIT メモリー8GB
これでWindows 7 32BIT OS で4GB 以上のメモリーが認識される様になる。

<Windows タスク マネージャー>
Windows 7 Task Manager
メモリ:4.48GB

※利用は非オススメ???

以上。

Windows 7 のバージョンとビルド(Build)番号を確認する方法

[Windows 7 のバージョンとビルド(Build)番号を確認する方法]

1.[プログラムとファイルの検索]欄に『winver』と入力。
winver.exe
C:\Windows\System32\winver.exe

2.[winver.exe]が表示されたら[Enter]キーを押す。

<Windows のバージョン情報>
Windows 7 Ultimate Build 7601 Service Pack 1
Windows 7 Service Pack 1(SP1) 適用後のビルド番号:7600→7601

<Windows 7 SP1 x64 BuildLabEx>
Windows 7 regedit.exe BuildLabEx 7601.17514.amd64fre.win7sp1_rtm.101119-1850
7601.17514.amd64fre.win7sp1_rtm.101119-1850

<Windows 7 SP1 x86 BuildLabEX>
Windows 7 regedit.exe BuildLabEX 7601.17514.x86fre.win7sp1_rtm.101119-1850
7601.17514.x86fre.win7sp1_rtm.101119-1850

以上。

Windows 7 SP1 のインストール中に作成されたバックアップファイルを削除する方法

[Windows 7 SP1 のインストール中に作成されたバックアップファイルを削除する方法]

1.コマンドプロンプトを[管理者として実行...]する。
C:\Windows\System32\cmd.exe

2.[dism /online /Cleanup-Image /spsuperseded]と入力して[Enter]キーを押す。
cmd.exe dism /online /Cleanup-Image /spsuperseded

これでバックアップファイルの削除が完了。

<空き領域の変化>
Windows 7 Service Pack 1 Backup 削除
15,600,730,112バイト→18,774,753,280バイト

3,174,023,168バイトの空き領域確保。

※この操作を行うと無印のWindows 7へ戻せなくなるので注意。

以上。
| PCプチ技能向上委員会?トップへ | 次ページ

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ