スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Windows 10のVMwareにmacOS Sierra 10.12をインストールしてみた

[Windows 10のVMwareにmacOS Sierra 10.12をインストールしてみた]

Windows 10 Pro 64bitのVMware Workstation 12.5 ProにmacOS Sierra 10.12 64bitをインストールしてみました。

Windows 10 ProのVMware Workstation 12.5 ProにmacOS Sierraをインストール

<使ったモノ>
1.インテル バーチャライゼーション・テクノロジーに対応したCPU
2.VMware-player-6.0.7-2844087.exe
3.VMware-workstation-full-12.5.0-4352439.exe
4.unlock-all-v130.zip
5.unlocker207.zip
6.unlocker208.zip
7.dmgextractor-0_70-standalone.jar
8.Mountain Lion InstallESD.dmg

<簡単な手順>
Windows 10 ProのVMware Player 6.0.7にOS X v10.8 Mountain Lionをインストール。OS X v10.8 Mountain LionをmacOS Sierra 10.12に無料アップグレード。VMware Player 6.0.7をVMware Workstation 12.5 Proにアップグレード。VMware Player 6.0.7で作成した仮想OS『macOS Sierra 10.12』をVMware Workstation 12.5 Proで起動。

Windows 10 ProのVMwareにmacOS Sierraをインストールしてみた

<PC環境>
OS : Windows 10 Pro 64bit
CPU : Intel Core i5-3320M
メモリ : DDR3 PC3-12800 16GB
GPU : Intel HD Graphics 4000
SSD : 512GB

macOS Sierra Safari iTunes Avira

サウンド再生:可能
全画面化:可能
ホストOS・ゲストOS間のファイル共有(ドラッグ&ドロップ):可能
ホストOS・ゲストOS間のクリップボード共有:可能
iCloud Driveの利用:可能
Siriの利用:可能

OSの起動に1分くらい掛かりますが、とても快適に動作します。十分実用可能です。

詳細なインストール手順は…省きます。

以上。

Windows 8 Enterprise 90日評価版のウォーターマークを削除する方法

[Windows 8 Enterprise 90日評価版のウォーターマークを削除する方法]

Windows 8 Enterprise 90日評価版のウォーターマークを削除

Windows 8 Enterprise 90日評価版をインストールすると、
デスクトップの画面右下にウォーターマークが表示されます。

それを削除する方法です(上画像は削除済み)。

1.My WCP Watermark Editor をダウンロード&起動します。

2.[Remove all watermark]左横にチェックを入れ、
  [Apply new settings]をクリックします。

<My WCP Watermark Editor v1.0.1>
My WCP Watermark Editor

3.Windows を再起動します。

※これで3行のうち2行は消えます。え?

4.Resource Hacker Version 3.6.0 をダウンロード&インストールします。

5.[shell32.dll.mui]をResource Hacker で開きます。
ファイルの場所:(C:\Windows\System32\ja-JP\shell32.dll.mui)

6.[Ctrl]キー+[F]キーを押して検索窓を表示します。

7.『の間有効な』と検索します。

8.["%d %ws の間有効な Windows ライセンス"]を[" "]に変更し、
  [スクリプトをコンパイル]をクリックします。

<Resource Hacker >
Resource Hacker
他のもついでに?

9.名前(shell32.dll.mui)を付けてデスクトップ等に保存します。

10.shell32.dll.mui(C:\Windows\System32\ja-JPに存在)を(9)のファイルと置き換えます。

11.再起動します。

するとウォーターマークが完全に消えます。

<ファイルを上書きできない時の対処法>

◆「このファイルを変更するには、TrustedInstallerからアクセス許可を得る必要があります。」と表示される場合。

コマンドプロンプトを起動し、
takeown /f C:\Windows\System32\ja-JP\shell32.dll.mui
と入力して[Enter]キーを押します。

するとファイルの所有権が外れます。

その後管理者にアクセス権を設定します。

ファイル上で右クリックして[プロパティ]を開きます。

[セキュリティタブ]-[グループ名またはユーザー名]の[編集]をクリックします。

開いたアクセス許可の画面でユーザー名をクリックして[フルコントロール許可]にチェック入れて[OK]を押します。

◆「別のプログラムがこのファイルを開いているので、操作を完了できません。」と表示される場合。

もともと存在するshell32.dll.mui をshell32.oll.mui などにリネームします。

(9)で作成保存したshell32.dll.mui をC:\Windows\System32\ja-JP に入れます。

Windows を再起動します。

リネームしたファイルを削除します。

こんな感じでしょうか?

実行する場合は自己責任でお願いします。

以上。

Windows 8 Enterprise 90日評価版のライセンスリセット可能回数は1回だけの模様

[Windows 8 Enterprise 90日評価版のライセンスリセット可能回数は1回だけの模様]

VMware Workstation 9 にWindows 8 Enterprise 90日評価版を入れてみました。

<Windows 8 Enterprise スタート>
VMware Workstation 9 にWindows 8 Enterprise を入れてみた

で、認証を一度リセットしてから再びライセンス認証を実行して遊んでみました。

Windows 8 Enterprise 90日間評価版 x86 2,532,515,840bytes (2.4G)のダウンロード先:
9200.16384.WIN8_RTM.120725-1247_X86FRE_ENTERPRISE_EVAL_JA-JP-HRM_CENA_X86FREE_JA-JP_DV5.ISO
Windows 8 Enterprise 90日間評価版 x64 3,497,592,832bytes (3.3G)のダウンロード先:
9200.16384.WIN8_RTM.120725-1247_X64FRE_ENTERPRISE_EVAL_JA-JP-HRM_CENA_X64FREE_JA-JP_DV5.ISO
プロダクトキー:

<コマンドプロンプトでライセンス認証のリセット可能回数を確認>
コマンドプロンプトでライセンス認証のリセット可能回数を確認
リセット可能回数の確認:slmgr /dlv

※上画像は1回リセットしたあとなので『0』と表示されています。

<コマンドプロンプトでライセンスの状態をリセット>
コマンドプロンプトでライセンスの状態をリセット
リセット実行:slmgr /rearm(右クリック→管理者として実行)

※上画像は1回リセットしたあとなので「許可された猶予期限リセット可能最大回数を超えました」と表示されています。

・・・とりあえず、Windows 7 Enterprise 90日評価版は5回リセットできたはずですが、Windows 8 Enterprise 90日評価版は1回だけしかできない模様。

Windows 7 90日評価版は何だかんだで600日(90日x6回+ライセンス認証前猶予期間10日x6回)ほど無料でがっつり使えたはずですが、Windows 8 90日評価版は180日(90日x2回)しか使えない模様?

記事が適当過ぎますが・・・以上。

Android OS 2.2 をVMware Workstation 8 で動かしてみた

[Android OS 2.2 をVMware Workstation 8 で動かしてみた]

<Android OS 2.2 日本語 ホーム>
Android OS 2.2 日本語 ホーム

<VMware の仮想マシンにAndroid OS をインストール>
VMware Workstation 8 を起動。[新しい仮想マシンを作成します]をクリック。[標準]を選択→[次へ]をクリック。[インストーラディスクイメージファイル]を選択→[参照]をクリック。[android-x86-2.2-generic.iso]を選択→[次へ]をクリック。仮想マシン名「Android OS 2.2」と入力→[次へ]をクリック。ディスク最大サイズ[3.0]→[仮想ディスクを単一ファイルとして格納]を選択→[次へ]をクリック。[完了]をクリック。[Installation - install Android-x86 to harddisk]を選択→[Enter]キーを押す。[Create/Modify partitions]を選択→[OK]を選択。[New]を選択→[Enter]キーを押す。[Primary]を選択→[Enter]キーを押す→[Enter]キーを押す。[Bootable]を選択→[Enter]キーを押す。[Write]を選択→[Enter]キーを押す。[yes]と入力→[Enter]キーを押す。[Quit]を選択→[Enter]キーを押す。[sda1 Linux Vmware Virtual I]を選択→[OK]を選択。[ext3]を選択→[OK]を選択。[Yes]を選択。[Yes]を選択。[Yes]を選択。[Run Android-x86]を選択→[OK]を選択・・みたいな感じ。

詳しくは⇒android vmware

<Android OS 2.2 日本語 メニュー>
Android OS 2.2 日本語 メニュー

<Android OS 2.2 Google 検索>
Android OS 2.2 Google 検索
Android OS でインターネット。

<Android OS 2.2 ゲーム>
Android OS 2.2 ゲーム
Android OS でゲーム。

追加で―

<Android OS 2.2 SDK>
Android 2.2 SDK

<Android OS 2.2 SDK ゲーム>
Android 2.2 SDK ゲーム
Android SDK でゲーム。

先週の土曜日に色々細かく記事書いてたんだけど、あんどろいどスマートというサイト見つけて心が折れる。

VMware Workstation 8.0.1 Build 528992 がリリースされたようで。

今日はあやひーのmelodia 聴き続けてる。

以上。

ReactOS 0.3.13 日本語版をVMware Workstation 7.1.4 で動かしてみた

[ReactOS 0.3.13 日本語版をVMware Workstation 7.1.4 で動かしてみた]

ReactOS とは、Microsoft Windows とバイナリレベルにおける互換性確保を目指して開発が進められているフリーソフトウェアかつオープンソースなオペレーティングシステム。

<ReactOS 0.3.13 起動中>
ReactOS 0.3.13 起動中
ReactOS ダウンロード

<ReactOS 0.3.13 日本語版>
ReactOS 0.3.13 日本語版
起動は高速。

<About ReactOS Explorer>
About ReactOS Explorer
ReactoS 0.3.13 Explorer
(C)2003-2005 Martin Fchs
ReactOS Professional Service Pack 1(Build 3790)

<Firefox 4.0.1 日本語版@ReactOS>
Firefox 4.0.1 - 日本語版

久しぶりに動かしてみたが、それほど進化してない感じ?!

それだけ?それだけ。

Gawab メールが2011年6月1日から使えない。2週間以上ログインできない。参った・・・。
| PCプチ技能向上委員会?トップへ | 次ページ

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。