PCプチ技能向上委員会? > Windows 8 設定関連

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Windows Updateの自動更新停止と復元ポイント作成のすすめ?

[Windows Updateの自動更新停止と復元ポイント作成のすすめ?]

【リリース後に確認された問題】2014 年 8 月 13 日公開の更新プログラムの適用により問題が発生する場合がある

上のTechNet Blogsのエントリーのようにマイクロソフト社はWindows Updateでちょくちょく問題を起こします。そのため、Windows Updateの自動更新は停止して通知だけ受け取るように設定し、新しい更新プログラムは手動で復元ポイントを作成してからインストールすることをオススメします!

まず、Windows 8.1 でWindows Update の自動更新を停止する方法は以下通りです。

Windows 8.1でWindows Update の自動更新を停止する方法

コントロールパネルを開いて[システムとセキュリティ]→[Windows Update]→[設定の変更]の順にクリックし、[更新プログラムをダウンロードするが、インストールを行うかどうかは選択する]または[更新プログラムを確認するが、ダウンロードとインストールを行うかどうかは選択する]を選択して[OK]をクリックします。

「更新プログラムをダウンロードするが、インストールを行うかどうかは選択する」とは?

このオプションを選択すると、Windows がユーザーのオンライン状態を認識し、インターネット接続を使用して、Windows Update Web サイトまたは Microsoft Update Web サイトから自動的に更新プログラムをダウンロードします。更新プログラムのダウンロード中はタスクバーの通知領域にアイコンが表示され、アイコンをポイントするとダウンロードの状態が確認できます。

「更新プログラムを確認するが、ダウンロードとインストールを行うかどうかは選択する」とは?

このオプションを選択すると、Windows がユーザーのオンライン状態を認識し、インターネット接続を使用してWindows Update Web サイトまたはMicrosoft Update Web サイトからダウンロードを検索します。新しい更新プログラムのダウンロードやインストールが可能になるとタスクバーの通知領域に自動更新アイコンとメッセージが表示されます。

どちらでも良いと思いますが、個人的には「更新プログラムをダウンロードするが、インストールを行うかどうかは選択する」がオススメです。

次にWindows 8.1 で手動で復元ポイントを作成する方法は以下の通りです。

Windows 8.1 で手動で復元ポイントを作成する方法

コントロールパネルを開いて[システムとセキュリティ]→[システム]→[システムの保護]の順にクリックし、[Cドライブを選択]して[作成]をクリックします。

Windows 8.1 で手動で復元ポイントを作成する方法(2)

「システムの保護」ウィンドウが表示されたら、復元ポイントの認識に役立つ説明を入力して[作成]をクリックします。

これで手動で復元ポイントが作成できます。

「システムの復元」とは?

システムの復元とは、コンピューターのシステムファイルを復元ポイントの状態に戻す機能です。電子メール、ドキュメント、写真などの個人用ファイルは現状のままを維持しながら、コンピューターのシステムに対する変更操作だけを元に戻します。プログラムやドライバーをインストールした結果、コンピューターに想定外の変更が加えられたり、Windows が異常な動作をするようになった場合、通常はプログラムやドライバーをアンインストールすると問題が解決しますが、アンインストールしても問題が解決しない場合、システムの復元を利用することでコンピューターのシステムが正常に機能していた復元ポイントの状態に戻せます。

とりあえず、Windows Update は手動で復元ポイントを作成してからインストールすると何か問題があってもすぐに復元ポイントの状態に戻せるのでオススメです。

ちなみにWindows 8 / 8.1でシステムの復元を実行する方法(Windows が起動する場合/Windows が起動しない場合)は以下が参考になります。

Windows 8 / 8.1でシステムの復元を実行する方法(Windows が起動する場合/Windows が起動しない場合)

それにしても、Windows の自動更新でブルースクリーンが発生するって相当酷いですよね。ある意味ウイルスより凶悪では・・・?

以上。

Windows 8.1 Update(KB2919355)をインストールしてみた

[Windows 8.1 Update(KB2919355)をインストールしてみた]

2014年4月9日、Windows 8.1 Update が公開されたので、Windows Update 経由で早速インストールしてみました。

x64 ベース システム用Windows 8.1 Update(KB2919355) 887.6MB

x64 ベース システム用Windows 8.1 Update(KB2919355) 887.6MB

KB2919355のファイルサイズは887.6MB?!結構大きいですね。

Windows 8.1 Update(KB2919355)のインストール完了

...変更箇所は30箇所ほどらしいです。

参考記事:Windows 8.1 Updateを徹底解剖、すべてが分かるWindows 8.1大百科"Update"

以上???

Windows 8.1 のスタートボタンをStartIsGone を利用して消す方法

[Windows 8.1 のスタートボタンをStartIsGone を利用して消す方法]

Windows 8 をWindows 8.1 にアップデートするとスタートボタンが復活します。

Windows 8 をWindows 8.1 にアップデートするとスタートボタンが復活

でも、このスタートボタンは押してもスタート画面とデスクトップ画面を切り替えるだけの代物ですし、Windows 8 でスタートボタンがない環境に慣れていたり、そもそもスタートボタンが要らない人にとっては邪魔でしかありません。

というわけで、StartIsGone for Windows 8.1 というフリーソフトを利用してWindows 8.1 のスタートボタンを消す方法です。

1.StartIsGone.zip をダウンロード&解凍します。

2.稼働中のWindows 8.1 のビット数に合わせて[x64(64ビット)]フォルダ、または[x86(32ビット)]フォルダ内の[StartIsGone.exe]をダブルクリックして実行します。

これでWindows 8.1 のスタートボタンはきれいさっぱり消えます。

StartIsGone を利用してスタートボタンを消す方法

※通知領域に追加されたアイコンを右クリックして[Run at startup]をクリックすると、Windows 起動時にStartIsGone for Windows 8.1 が作動するように設定できます。また、[Hide tray icon]をクリックすると、StartIsGone for Windows 8.1 のアイコンを消すことも可能です。

Windows 起動時にStartIsGone for Windows 8.1 が作動するように設定

それにしても、まさかスタートボタンを消すためにわざわざフリーソフトを使う羽目になるとは...。

ちなみにClassic Shell 4.0 を導入すると、Windows 8.1 のスタートボタンをWindows 7 ライクなスタートボタンに変更して有効活用することも可能です。

Classic Shell 4.0 を導入してWindows 8.1 のスタートボタンを有効活用

以上?

Windows 8.1 でエクスペリエンス・インデックスを確認する方法

[Windows 8.1 でエクスペリエンス・インデックスを確認する方法]

Windows 8.1 では、システムのプロパティ画面に「Windows エクスペリエンス・インデックス」の値が表示されなくなりました。

そのため、Windows 8.1 で「Windows エクスペリエンス・インデックス」の値を確認したい場合、コマンド・プロンプトを使って手動で計測ツール(WinSAT.exe)を実行して計測する必要があります。

Windows 8.1 でエクスペリエンス・インデックスの値を確認する方法は以下の通りです。

1.スターボタン上で右クリックして[コマンド プロンプト(管理者)(A)]をクリックします。

2.コマンド・プロンプトが表示されたら[winsat formal -restart clean]と入力して[Enter]キーを押します。

コマンド・プロンプトが表示されたら[winsat formal -restart clean]と入力して[Enter]キーを押します

3.計測が完了した後に[C:\Windows\Performance\WinSAT\DataStore]内の[Formal.Assessment (Recent).WinSAT.xml]ファイルをダブルクリックしてIE などで表示します。

すると<WinSPR>と</WinSPR>の中にWindows エクスペリエンス・インデックスの値が表示されていますので、そこで値を確認することができます。

【とあるノートパソコン(Windows 8.1 Pro with Media Center)のWEI値】
とあるノートパソコン(Windows 8.1 Pro with Media Center)のWEI値

以上。

Windows 8.1 Pro with Media Center にアップデートしてみた!

[Windows 8.1 Pro with Media Centerにアップデートしてみた!]

2013年10月17日20時よりWindows ストアでWindows 8.1 の提供が開始されました。

というわけで、即行でWindows 8 Pro with Media Center をWindows 8.1 Pro with Media Centerにアップデートしてみました。

Windows 8 Pro with Media Center をWindows 8.1 Pro with Media Center にアップデートしてみました

Windows 8 をWindows 8.1 にアップデートする方法は以下の通りです。

1.Windows ストアの[Windows のアップデート]をクリックします。

Windows のアップデート@Windows ストア

2.[ダウンロード]をクリックします。

Windows 8.1 のダウンロード

3.後は流れに任せて...。

Windows 8.1 のインストール

Windows 8 から Windows 8.1 にアップデートする(Microsoft)
↑詳細はコチラをクリック!

以上?!
| PCプチ技能向上委員会?トップへ | 次ページ

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。