PCプチ技能向上委員会? > Windows Vista 設定関連

ドキュメントの保管場所をCドライブから他のドライブに移す方法@Windows Vista

[ドキュメントの保管場所をC ドライブから他のドライブに移す方法]

1.[スタート]→[ドキュメント](右クリック)
  →[プロパティ]の順にクリック。

2.「ドキュメントのプロパティ」ダイアログボックスが表示されたら、
  「場所」タブを選択。

3.「場所」タブが開かれたら[移動...]ボタンをクリック。

4.「移動先の選択」ウィンドウが開かれたら、
  C ドライブ以外のドライブにDocument フォルダを作成。

  例)D ドライブにDocuments フォルダを作成
  [コンピュータ]→[~(D:)]の順にクリック。
  D ドライブが開かれたら、
  [新しいフォルダ]ボタンをクリックし、
  名前を「Documents」に変更。

5.4で作った「Documents」フォルダを選択し、
  [フォルダの選択]をクリック。

6.「ドキュメントのプロパティ」の[OK]をクリック。

7.「フォルダの移動」ダイアログが表示されたら、
  [はい]をクリック。

Documents

以上で保管場所の変更は終了です。

<保管場所をC ドライブから他のドライブに移すメリット>

■システムの安定化
起動ディスクがスリムになるため、
システムの安定化につながります。

■システムの高速化
起動ディスクがスリムになるため、
システムの高速化につながります。

■起動ディスクの断片化の減少
起動ディスクの使用率が減るため、
断片化の減少につながります。

■データが消えない
起動ディスクと別のところにデータがあるため、
リカバリが必要になった場合でも、
ドキュメントデータは消えずにすみます。

■C ドライブの容量不足の解消
単純にドキュメント分の使用容量が減るため、
容量不足の解消につながります。

ちなみに、お気に入り、デスクトップ、

ピクチャ、ミュージック等の保管場所も、

ドキュメントと同じ要領で他のドライブに変更可能です。

リモートアシスタンス機能を無効する方法@Windows Vista

[Windows Vista でリモートアシスタンス機能を無効する方法]

1.[スタート]→[コンピュータ](右クリック)
  →[プロパティ]→[リモートの設定]の順にクリック。

2.「システムのプロパティ」ダイアログボックスの
  「リモート」タブが表示されたら、
  『このコンピュータへのリモート アシスタンス接続を許可する』
  のチェックを外す。

リモートアシスタンス

以上でリモートアシスタンス機能は無効になります。

リモートアシスタンスとは、

Windows Vista の遠隔操作機能の一つです。

ローカル・ユーザーが許可を与えた別のユーザーに、

自分のパソコンをリモート操作してもらい、

トラブルを解決してもらうときなどに役立ちます。

しかし、IP アドレス・ユーザー ID・パスワードが知られた場合や、

第三者に許可を与えてしまった場合、

遠隔地から好きなようにパソコンを操作されるため、

危険な側面も持ち合わせています。

そのため、この機能を利用しないときは、

基本的にオフにしておく方がよいでしょう。
| PCプチ技能向上委員会?トップへ | 次ページ

XXXXXXX

海外の映画・ドラマが月額933円(税抜)で今すぐ見放題!今すぐ無料視聴!