スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラブプラス+の予約受付が開始された模様

[ラブプラス+の予約受付が開始された模様]

ラブプラス+の予約受付が開始された模様
ラブプラス+(2010年夏発売予定)

それだけー。

以上。

とある上値抵抗線に撥ね返されてからモロ下げ@英ポンド円+α

[とある上値抵抗線に撥ね返されてからモロ下げ@英ポンド円+α]

<英ポンド円 1週間足チャート(2010年03月20日PS)>
英ポンド円 1週間足チャート(2010年03月20日PS)

何度もこのサイトで登場している上画像黄色の上値抵抗線。

さすがにここを一気に上抜けするには相当なパワーが必要。

一発目で簡単に上抜けできるような抵抗線ではない。

というわけで、納得の下げ。

かなり重要な下値支持線がもろ割れ@英ポンド円

<英ポンド円 4時間足チャート(2010年03月20日PS)>
英ポンド円 4時間足チャート(2010年03月20日PS)

上画像ピンク色の□のところで超きれいな下値支持線が崩壊。

来週何なく上抜けしてくるのかどうかに注目したい。

3回目の下値支持線下抜けトライ失敗は分かりやすい買いサイン?@FX 売買戦略

<英ポンド円 1時間足チャート(2010年03月20日PS)>
英ポンド円 1時間足チャート(2010年03月20日PS)

RSI(20)=70からRSI(20)=30までの下落達成@英ポンド円 1時間足チャート。

20EMAとの乖離も大きいし、一応1時間足チャートのRSI(20)=30まで下落したので反発も考えられるが、4時間足チャートに引いた結構重要な下値支持線がモロ割れしてしまっただけに、積極的には買いにくい位置。

RSI(20) = 30 or 70 を参考にした超単純だけれど思いのほか有効なFX 売買戦略

約1週間で4時間足チャートのRSI(20)=70からRSI(20)=30までの下落達成@米ドル円

<英ポンド円 30分足チャート(2010年03月20日PS)>
英ポンド円 30分足チャート(2010年03月20日PS)

RSI(20)=70からRSI(20)=30までの下落達成@英ポンド円 30分足チャート。

30分足チャートの20EMA&200EMAのデッドクロスからのモロ下げ。

200EMAがしぶい。

一番左のピンク〇のところでは下値支持線として機能。

残り2つのピンク〇のところでは上値抵抗線てして機能。

<英ポンド円 5分足チャート(2010年03月20日PS)>
英ポンド円 5分足チャート(2010年03月20日PS)

これまた200EMAがしぶい。

<英ポンド円 1分足チャート(2010年03月20日PS>
英ポンド円 1分足チャート(2010年03月20日PS)

上画像の天井は5分足チャートの右ピンク〇(200EMA)、かつ30分足チャートの一番右ピンク〇(200EMA)、かつ1時間足チャートの右ピンク〇(20EMA)。

さらにいえば、4時間足チャートの20EMAからの超下落でもある。

そして1分足チャートの20EMA&200EMAのデッドクロスからの爆下げ。

20EMA&200EMA のゴールデンクロスを狙う(2)@FX 売買戦略の逆。

で、4時間足チャートのローソク足の変わり目までほぼ目一杯下げ続けた。

日足チャートのローソク足の変わり目=9時

4時間足チャートのローソク足の変わり目=1時・5時・9時・13時・17時・21時

ローソク足の変わり目ってきちんと把握できてる?

ひとまず以上。

P.S.

ひさしぶりに記事投稿。

またFXネタだけれでも。

そういえば、『【GIGAZINE読者限定】24時間限定で「DivX Plus Pro」のシリアルナンバーを無料でゲットできます→終了(http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20100317_divx_plus_serial_free/)』・・あたりはFXネタ以外のネタを更新できる貴重な機会だっただけに記事投稿しておけば良かったなーと思ったり思わなかったり。

GIGAZINE×DivX 特別企画「DivX Plus Proソフトウェアプレゼント」
http://diego4494.blog41.fc2.com/blog-entry-372.html

↑この尻使えるのではない・・かと?!

1、5分足チャートのRSI(20)=70からの下落&週足チャートの20EMA(米ドル円)からの下落&週足チャートのローソク足の移り変わり目からの下落を狙ったコラボ取引@英ポンド円

[1、5分足チャートのRSI(20)=70からの下落&週足チャートの20EMA(米ドル円)からの下落&週足チャートのローソク足の移り変わり目からの下落を狙ったコラボ取引@英ポンド円]

<英ポンド円 1時間足チャート(2010年03月08日PS)>
英ポンド円 1時間足チャート(2010年03月08日PS)

赤四角で囲った部分での出来事。

<米ドル円 1週間足チャート(2010年03月08日PS)>
米ドル円 1週間足チャート(2010年03月08日PS)

(1)米ドル円の週足チャートのローソク足が次の週のローソク足に移り変わる瞬間(2010年3月8日9時)に20EMA直下まで上昇。

<米ドル円 5分足チャート(2010年03月08日PS)>
米ドル円 5分足チャート(2010年03月08日PS)

(2)5分足チャートを見るとRSI(20)=70を越えて下げだすには絶好の位置(上画像上青〇=2つ上画像青〇)。

<英ポンド円 1分足チャート(2010年03月08日PS)>
英ポンド円 1分足チャート(2010年03月08日PS)

(3)ちょうど同じ時間、英ポンド円の1分足チャートを見るとRSI(20)=70に到達(2010年3月8日9時3分)。

(4).(1)~(3)より上画像の上青〇のところで新規売りエントリー。

(5)上画像赤〇のところで1時間足チャートのローソク足の変わり目&1番上の画像の黄色の下値支持線直上まで下げたので気持ちよく手仕舞い。

これで一連の取引は終了。

以上。

P.S.

これはフィクション記事です。

牧野由依のふわふわ♪にプチはまった。

上リンク先のレビューに書いてある通り“聴けば聴くほどよく馴染むスルメ曲”・・。

2010年3月第1週88円台前半で下げ止まった理由@米ドル円

[2010年3月第1週88円台前半で下げ止まった理由@米ドル円]

<米ドル円 1週間足チャート(2010年03月07日PS)>
米ドル円 1週間足チャート(2010年03月07日PS)

上画像の黄色の下値支持線を見れば一目瞭然。

結局先週はその下値支持線がもろに機能して一気に週足チャートのローソク足は20EMA直下まで上昇。

<米ドル円 1週間足チャート2(2010年03月07日PS)>
米ドル円 1週間足チャート2(2010年03月07日PS)

来週は20EMAを越えてくるかどうかはかなりの注目ポイント。

他にも色々書こうと思ったけれど・・・もう寝る(=_=)/

以上。

1、5分足チャートのRSI(20)=70からの下落&上値抵抗線クロスからの下落を狙ったコラボ取引@米ドル円

[1、5分足チャートのRSI(20)=70からの下落&上値抵抗線クロスからの下落を狙ったコラボ取引@米ドル円]

<米ドル円 4時間足チャート(2010年03月05日PS)>
米ドル円 4時間足チャート(2010年03月05日PS)

(1).上画像左から4つ目のピンク色の〇のところで上値抵抗線に接触。

<米ドル円 30分足チャート(2010年03月05日PS)>
米ドル円 30分足チャート(2010年03月05日PS)

(2).上画像左から4つ目のピンク色の〇のところで上値抵抗線に接触。

<米ドル円 30分足チャート2(2010年03月06日PS)>
米ドル円 30分足チャート2(2010年03月06日PS)

<米ドル円 5分足チャート(2010年03月05日PS)>
米ドル円 5分足チャート(2010年03月05日PS)

(3).(1)及び(2)の上値抵抗線がクロスしているところで、5分足チャートのRSI(20)が一時70を越える(青〇)。

<米ドル円 1分足チャート(2010年03月05日PS)>米ドル円 1分足チャート(2010年03月05日PS)

(4).(1)及び(2)の上値抵抗線がクロスしているところで、1分足チャートのRSI(20)が70を越える。

(5).(1)~(4)より上画像の青〇のところで売り。

(6).ひとまず1分足チャートのRSI(20)=30に到達したところ(赤〇)で手仕舞い。

これで一連の取引は終了。

以上。

P.S.

これはフィクション記事です。

最近FXネタと競馬ネタしか更新していなーい。
| PCプチ技能向上委員会?トップへ |

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。