スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Windows 7 SP1 のインストール中に作成されたバックアップファイルを削除する方法

[Windows 7 SP1 のインストール中に作成されたバックアップファイルを削除する方法]

1.コマンドプロンプトを[管理者として実行...]する。
C:\Windows\System32\cmd.exe

2.[dism /online /Cleanup-Image /spsuperseded]と入力して[Enter]キーを押す。
cmd.exe dism /online /Cleanup-Image /spsuperseded

これでバックアップファイルの削除が完了。

<空き領域の変化>
Windows 7 Service Pack 1 Backup 削除
15,600,730,112バイト→18,774,753,280バイト

3,174,023,168バイトの空き領域確保。

※この操作を行うと無印のWindows 7へ戻せなくなるので注意。

以上。

Windows 7 Service Pack 1(SP1)インストール失敗、失敗、失敗→成功

[Windows 7 Service Pack 1(SP1)インストール失敗、失敗、失敗→成功]

Windows 7 Service Pack 1 (KB976932)の一般提供が2011年2月23日(水)に開始された。

さっそくWindows Update を利用してWindows 7 SP1 のインストールを試みた。

すると・・・
****************************************
Servicce Pack の構成に失敗しました
変更を元に戻しています...
コンピュータの電源を切らないでください。
****************************************
と、表示されてインストールに失敗!

次はMicrosoft ダウンロードセンターから「windows6.1-KB976932-X64.exe(903.2MB)」をダウンロードして再びインストールを開始。

<Windows 7 Service Pack 1 インストール 開始>
Windows 7 Service Pack 1 インストール 開始

すると今度は10GB 以上の空き容量がないため、インストールを開始できないと突っ込まれる・・・。

SSD の空き容量が7GB しかなかったため、VMware Workstation に入れてある仮想OS を一時的に別のHDD に移動させてとりあえず10GB 以上の空き容量を確保。

再びインストールを開始。今度はきちんとインストール作業が始まった。

しかしながら、またインストール失敗!!

<Windows 7 Service Pack 1 インストール 失敗>
Windows 7 SP1 インストール 失敗
不明なエラーが発生しました(0x8004402f)。

懲りずに次は『x64 ベース システム用 Windows 7 のシステム更新準備ツール (KB947821) [2011年2月]「Windows6.1-KB947821-v10-x64.msu(300.4 MB)」』をダウンロードしてインストール。

<Windows 7 システム更新準備ツール(KB947821)>
Windows 7 システム更新準備ツール(KB947821) インストール

それから再びwindows6.1-KB976932-X64.exe を実行。

・・・・またまたまたインストール失敗!!!

そのとき気づいた。

TEMP 及びTMP ファイルをラムディスクに設定していることにより、再起動直後に必要なファイルが発見できず、アップデートに失敗するということに。

だから、今度はTEMP 及びTMP ファイルを一時的にC ドライブ(SSD)に設定し直して再びWindows 7 SP1 のインストールを開始。

<Windows 7 Service Pack 1 インストール 成功>
Windows 7 Service Pack 1 がインストールされました

ついにWindows 7 Service Pack 1 のインストールが完了。

Windows 7 Ultimate Service Pack 1
Windows Edition
Windows 7 Ultimate
Copyright C 2009 Microsoft Corporation.
All rights reserved.
Service Pack 1

3時間ほど費やしてしまった・・・。

以上。

Firefox のステータスバーを指定条件時以外非表示にする方法

[Firefox のステータスバーを指定条件時以外非表示にする方法]

Firefox にShy Statusbar(Firefox アドオン)をインストール。

<Shy Statusbar 設定>
Firefox Shy Statusbar Settings
・ステータスバーにテキスト表記が無ければステータスバーを表示
・完了が表示されていればステータスバーを表示
・リンクにマウスポインタを乗せるとステータスバーを表示
・リンクに指定ミリ秒以上マウスポインタを乗せるとステータスバーを表示
・ウェブページのスクリプトによるメッセージが表示されるとステータスバーを表示
・ウェブページを読み込み中の場合ステータスバーを表示
・その他の表示があった場合ステータスバーを表示

ステータスバーを非表示にしたいけれど、常に非表示だと困る。

そんなときShy Statusbar を利用して指定条件時のみステータスバーを表示してやるといいかも。

Firefox 表示領域の幅:1920px 表示領域の高さ:1001px
↑ウェブページ表示領域=1920x1001px(スクロールバーなし)

Firefox ウィンドウサイズ

関連記事:Firefox のツールバーを出来る限りコンパクトにカスタマイズする方法

※後はHide Caption でタイトルバーを非表示にして、Hide Tabbar でタブバーを非表示にして、メニューバーを非表示にして[Alt]キーで表示・非表示を切り替える様にすると、ウェブページ表示領域は最大になる。

以上。

フェブラリーステークス(G1)の予想【2011年2月20日(日)】

[フェブラリーステークス(G1)の予想【2011年2月20日(日)】

◎マチカネニホンバレ
藤沢厩舎の勝負パターン叩き3戦目。
乗り替わりで外国人騎手(クラストゥス)を起用。
馬体重も絞ってきたし、勝負気配は非常に強い。
父シンボリクリスエス×母父デピュティミニスター。
血統もいい感じ。大外枠もいい感じ。立派な体格。
高速上がり決着に強いし、人気の落ちたここは本命で。
前々で積極的に仕掛けてほしい。

△セイクリムズン△シルクメビウス△トランセンド△バーディバーティ

馬連 ◎軸→△ 4点×10000円 三連複 ボックス 10点×1000円

いきなり競馬予想(汗)東京大賞典ぶりに。

以上。

追記:1着△トランセンド、2着フリオーソ、3着△バーディバーディ、4着ダノンカモン、5着◎マチカネニホンバレ。バケンハモロハズレ!

Firefox のキャッシュの保存先をラムディスクに変更する方法

[Firefox のキャッシュの保存先をラムディスクに変更する方法]

0.Gavotte Ramdisk を利用してWindows 7 32bit OS の認識外メモリーをRAMディスク化する方法、またはDataram RAMDisk を使ってWindows 7 64BIT OS でRAMDISK を作成する方法を参考にラムディスクを作成。

1.Firefox を起動。

2.ロケーションバーに『about:config』と入力し、[Enter]キーを押す。

3.[最新の注意を払って使用する]をクリック。
FIrefox about:config 最新の注意を払って使用する

4.画面上で右クリック→[新規作成(W)]→[文字列(S)...]をクリック。
画面上で右クリック→[新規作成(W)]→[文字列(S)...]をクリック

5.「新しい文字列の設定名」ウィンドウが表示されたら、『browser.cache.disk.parent_directory』と入力し、[OK]をクリック。
Firefox about:config browser.cache.disk.parent_directory

6.「文字列を入力してください」ウィンドウが表示されたら、保存先『例)E:\TEMP(RAMディスク)』を入力し、[OK]をクリック。
Firefox about:config キャッシュ 保存先 RAMDISK

これでFirefox のキャッシュの保存先がラムディスクに変更される。

<Firefox のキャッシュの保存先を確認する方法>

ロケーションバーに『about:cache』と入力し、[Enter]キーを押す。

すると、以下の様な画面が表示され、確認することができる。
Firefox about:cache キャッシュ 保存先 確認

<Firefox のキャッシュの容量を変更する方法>

ロケーションバーに『about:config』と入力し、[Enter]キーを押す×2。

『browser.cache.disk.capacity』の値を変更する。
Firefox about:config browser.cache.disk.capacity

<Firefox のキャッシュ機能を無効にする方法>

ロケーションバーに『about:config』と入力し、[Enter]キーを押す×2。

以下、3つの値をtrue からfalse に切り替える。

・browser.cache.disk.enable
・browser.cache.memory.enable
・browser.cache.offline.enable

Firefox The cache is disabled

または[Web Developer]→[無効化]→[キャッシュを無効にする]にチェックを入れるとか。

最近ブラウザのキャッシュは無効にしている。

以上。
| PCプチ技能向上委員会?トップへ | 次ページ

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。