Microsoft Security Essentials Beta 4.0.1111.0 の提供を開始

[Microsoft Security Essentials Beta 4.0.1111.0 の提供を開始]

<microsoft security essentials beta program>
microsoft security essentials beta program!
mseinstall-amd64fre-en-us.exe 11.04 MB ダウンロード
mseinstall-x86fre-en-us.exe 8.87 MB ダウンロード

Microsoft がSecurity Essentials の新Beta 版の提供を開始した模様。

リリースは2011年11月29日。

さっそく使ってみる。

<Microsoft Security Essentials v4.0.1111.0>
microsoft security essentials v4.0.1111.0
なぜか曜日だけ日本語。

<about security essentials>
about security essentials
Security Essentials Version: 4.0.1111.0
Antimalware Client Version: 4.0.1111.0
Engine Version: 1.1.7801.0
Antivirus definition: 1.115.2848.0
Antispyware definition: 1.115.2848.0
Network Inspection System Engine Version: 2.0.7707.0
Network Inspection System Definition Version: 10.7.0.0

とりあえず入れてみた・・というだけの記事。

ちなみに、MSE の新ベータ版はWindows XP/Vista/7(32bit/64bit)に対応しており、Microsoft の運営するテスター向けのコミュニティサイト『Microsoft Connect』からダウンロード可能。ダウンロードの際はWindows Live ID が必要。

以上。

Android OS 2.2 をVMware Workstation 8 で動かしてみた

[Android OS 2.2 をVMware Workstation 8 で動かしてみた]

<Android OS 2.2 日本語 ホーム>
Android OS 2.2 日本語 ホーム

<VMware の仮想マシンにAndroid OS をインストール>
VMware Workstation 8 を起動。[新しい仮想マシンを作成します]をクリック。[標準]を選択→[次へ]をクリック。[インストーラディスクイメージファイル]を選択→[参照]をクリック。[android-x86-2.2-generic.iso]を選択→[次へ]をクリック。仮想マシン名「Android OS 2.2」と入力→[次へ]をクリック。ディスク最大サイズ[3.0]→[仮想ディスクを単一ファイルとして格納]を選択→[次へ]をクリック。[完了]をクリック。[Installation - install Android-x86 to harddisk]を選択→[Enter]キーを押す。[Create/Modify partitions]を選択→[OK]を選択。[New]を選択→[Enter]キーを押す。[Primary]を選択→[Enter]キーを押す→[Enter]キーを押す。[Bootable]を選択→[Enter]キーを押す。[Write]を選択→[Enter]キーを押す。[yes]と入力→[Enter]キーを押す。[Quit]を選択→[Enter]キーを押す。[sda1 Linux Vmware Virtual I]を選択→[OK]を選択。[ext3]を選択→[OK]を選択。[Yes]を選択。[Yes]を選択。[Yes]を選択。[Run Android-x86]を選択→[OK]を選択・・みたいな感じ。

詳しくは⇒android vmware

<Android OS 2.2 日本語 メニュー>
Android OS 2.2 日本語 メニュー

<Android OS 2.2 Google 検索>
Android OS 2.2 Google 検索
Android OS でインターネット。

<Android OS 2.2 ゲーム>
Android OS 2.2 ゲーム
Android OS でゲーム。

追加で―

<Android OS 2.2 SDK>
Android 2.2 SDK

<Android OS 2.2 SDK ゲーム>
Android 2.2 SDK ゲーム
Android SDK でゲーム。

先週の土曜日に色々細かく記事書いてたんだけど、あんどろいどスマートというサイト見つけて心が折れる。

VMware Workstation 8.0.1 Build 528992 がリリースされたようで。

今日はあやひーのmelodia 聴き続けてる。

以上。

Lesance BTO GSN680GW TYPE-G を購入@ゲーム用ノートパソコン

[Lesance BTO GSN680GW TYPE-G を購入@ゲーム用ノートパソコン]

Lesance BTO GSN680GW TYPE-G GEFORCE GTX 560M 1536MB Gaming GSN

パソコン工房 冬のボーナスセール第1弾 パソコン送料無料 11/21(月)16:00まで
パソコン工房 冬のボーナスセール第1弾 パソコン送料無料 11/21(月)16:00まで

<Lesance BTO GSN680GW TYPE-G OS なし>
Lesance BTO GSN680GW TYPE-G
納期 ご購入のお手続き完了後、約3日~10日後
OS OSなし
ディスプレイ 15.6inch フルHD(1920X1080)対応光沢カラー液晶
チップセット インテル(R) HM65 チップセット
プロセッサ インテル(R)Core i7 2670QM(2.2-3.1GHz)4コア/HT/キャッシュ6MB
メインメモリ DDR3 1333 2GB/SO-DIMM×4(計8GB)
ハードディスクドライブ 80GB インテル SSD 320
光学式ドライブ ブルーレイディスク読込対応(DVD/CD書込読込対応)
グラフィックアクセラレータ GeForce GTX 560M 1536MB
サウンド機能 High Definition Audio subsystem
スピーカー 内蔵ステレオスピーカー
Bluetoothアダプタ Bluetooth(本体内蔵)
無線LAN IEEE802.11 b/g/n対応ワイヤレスLAN[本体内蔵]
WEBカメラ 200万画素カメラ搭載[本体内蔵]
PCリサイクル 家庭系パソコン(PCリサイクル料金込み、回収再資源化料金不要)
保証 1年間無償保証

Lesance BTO GSN680GW TYPE-G OS なし 99,980円
Lesance BTO GSN680GW TYPE-G : 99,980円(税込み・送料込み)

OS は自分でクリーンインストールしたいので【なし】を選択。

CPU はCore i7 2760QM【+14,500円】に変更しようかと思ったけれど、Core i7 2670QM でも十分かと。

<第二世代 Intel core i7 4コア CPU>
Intel core i7 4コア
■Core i7 Extreme はTDP 55W
■他の4コア core i7 はTDP 45W
■Core i7 2820QM ~2960XM はL3 キャッシュが8MB
■Core i7 2630QM ~2760QM はL3 キャッシュが6MB
■Core i7 2710QE ~2960XM はPC3-12800 まで対応
■Core i7 2630QM ~2670QM はPC3-10600 まで対応

XM - Extreme quad-core mobile processors that feature unlocked Turbo multipliers.
QM - Quad-core mobile processors.
QE - Quad-core embedded mobile processors.

●2011年11月20日現在、性能と値段のバランスを考慮すると、個人的にモバイル4コアi7 でオススメはCore i7 2760QM。

どんな基準かはよくわからない。

<第二世代モバイル Core i7(4コア)エクスペリエンス・インデックス>

Core i7 2960XM : 7.6
Core i7 2920XM : 7.5-7.6
Core i7 2860QM : 7.6
Core i7 2820QM : 7.5-7.6
Core i7 2760QM : 7.5
Core i7 2720QM : 7.5
Core i7 2675QM : 7.5
Core i7 2670QM : 7.5
Core i7 2635QM : 7.4-7.5
Core i7 2630QM : 7.4-7.5

大体こんな感じ。

※core i7 2670QM 以上でも7.4 なこともあり得る。
※core i7 2760QM 以下でも7.6 なことはあり得ない?

そういえば、Core i7 940XE のWEI(プロセッサ)=7.4 だったはず。

今やCore i7 940XE はCore i7 2630QM に劣るとも勝らない感じになってしまって。

メモリはDDR3-1333 4GB/SO-DIMM×4(計16GB)【+9,000円】に変更しようかと思ったけれど、自分で買って付け換えた方が安そう。

てか、DDR3 1333 2GB/SO-DIMM×4(計8GB)って在庫処分感が半端ない。

SSD は120GB SSD INTEL 510【+9,999円】に変更しようか結構迷ったけれど、80GB インテル SSD 320 でもそこそこ速いかと。

ブルーレイは読込だけで十分。

2011年11月20日現在、この構成で10万円を切るのは安いような?

<パソコン工房@リンクシェア>
パソコン工房 BTO PC
ちなみに、これ↑で99,980円の2%が還元され、更にお安く。

Lesance BTO GSN680GW TYPE-G が届いたら、レビューを書いてみる。

いや、実は買ってなかったり。

はい、買って・・・ません。

ノートパソコンでオンラインゲームしないので。

そもそもオンラインゲーム自体しないので。

何だよそれ。

以上。

ESET Smart Security V5.0 をダウンロード&インストールしてみた

[ESET Smart Security V5.0 をダウンロード&インストールしてみた]

<ESET SMART SECURITY 5.0.94.0>
ESET SMART SECURITY 5.0.94.0

ESET Smart Security V4.2 3年1ライセンス 30000本限定パックを5,435円で購入。

ESET Smart Security V4.2 は一切使用せずに、
英語版のESET Smart Security V5.0 をダウンロード&インストール。

その後、プロダクトアクティベーションを済ます。

<ESET Smart Security V5.0 HOME>
eset smart security v5.0 home

1年当たり約1,812円・・・か。

いらないのに何となく買ってしまった。

せっかく買ったのでしばらく使ってみる。

と、それだけの記事。

★日本語版次期リリース ver.5.0
モニター版プログラムのダウンロード
http://canon-its.jp/eset/v5/

ESET・・・人にはオススメはしない?!

以上。

Unicode の制御文字「RLO(Right-to-Left Override)」を使ってファイル名を偽装する方法

[Unicode の制御文字「RLO(Right-to-Left Override)」を使ってファイル名を偽装する方法]

1.メモ帳を起動。

2.例えば『PCPUCHI』と入力後、メモ帳内で右クリック→[Unicode 制御文字の挿入(I)]の[RLO Start of right-to-left override]を選択。
RLO Start of right to left override

3.『PCPUCHI』のすぐ後に『fdp.txt』と入力。
PCPUCHItxt.pdf
RLO により『PCPUCHItxt.pdf』と表示される。

4.『PCPUCHItxt.pdf』をコピー。

5.[ファイル]→[名前を付けて保存]の順にクリック。
メモ帳 名前を付けて保存

6.ファイル名のところに4.でコピーしたものをペーストし、[保存]をクリック。
メモ帳 名前を付けて保存(2)

すると、『PCPUCHItxt.pdf』という見た目がpdf ファイル的なtxt ファイルが作成される。
PCPUCHIfdp.txt

これがもしexe 形式の実行ファイルでアイコンまで偽装されたらうっかり・・!?

■Unicode の制御文字を使いファイル名偽装、ウイルス「RLTrap」検出報告5万件
http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20111107_489024.html

普通にファイル名にUnicode 制御文字の挿入すればおkだったり。

何をいまさらと思う人も多そう?

以上。
| PCプチ技能向上委員会?トップへ |

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ