Windows 8 でHyper-V 上のゲストOS からファイルを取り出す方法

[Windows 8 でHyper-V 上のゲストOS からファイルを取り出す方法]

Windows 8 はVHD やVHDX ファイルのマウント機能を標準搭載しています。

というわけで、ゲストOS からホストOS に特定のファイルを移したい場合、ゲストOS のVHD(VHDX)ファイルをマウントして中のデータにアクセスするのが最も簡単なファイルの取り出し方法です。

マウントは、対象ファイルをダブルクリックするだけでOK です(対象ファイル上で右クリック後に[マウント]をクリック、または対象ファイルを選択してリボンの管理タブの[マウント]をクリックしてもマウント可能)。

Windows 8 でVHDX ファイルをマウント

マウントすると[コンピューター]のハードディスクドライブ一欄に仮想HDD が表示されるので、そこから必要なファイルは自由に取り出せます。

マウントすると[コンピューター]のハードディスクドライブ一欄に仮想HDD が表示

もしファイルを取り出すだけなら、今回の方法はシンプルでオススメです。

というのはウソで(おい!、仮想マシンのVHDX ファイルを気軽にマウントするとひどい目に会遭います。

とあるVHDX ファイルを操作ミスでダブルクリックしてしまったのですが、そのゲストOS が起動しなくなりました。

「親の仮想ハードディスクのID と差分ディスクのID が一致しません」だって。

スナップショットからすぐに起動できる状態に戻せましたが、どうもavhdx ファイルをマージしていない状態でゲストOS のVHD(VHDX)ファイルをホストOS でマウントしてしまうと起動エラーが起こるようで?

とりあえず、仮想マシンのVHD(VHDX)ファイルは気軽にマウントしないほうが良いようで?

ちなみに、ホストOS とゲストOS 間で相互にファイルをやり取りする場合、手段は色々あるわけですが、下記事のようにファイル交換専用のVHD(VHDX)ファイルをホストOS 側で新規作成して使用するのも一つの手かと。

Windows 8 ではVHD(VHDX)ファイルが手軽にマウントできますし、これはこれでなかなか実用的です。

活線挿抜! VHDのhot-add/removeでホスト - ゲストのファイル交換の巻
http://blogs.technet.com/b/ksasaki/archive/2010/03/08/vhd-hot-add-remove.aspx?Redirected=true

それにしても、まさかvhdx ファイルをダブルクリックするだけでマウントできる便利さが仇となるとは...。

以上。

Windows 8 でHyper-V 上の複数のゲストOS を同時にインターネットに接続する方法

[Windows 8 でHyper-V 上の複数のゲストOS を同時にインターネットに接続する方法]

ホストOS とHyper-V 上の複数のゲストOS が同時にインターネットに接続
Windows 8 Pro(PP) - Google Chrome 23 でGoogle トップページ表示
Windows 8 Pro(CP) - Firefox 17 でGoogle トップページ表示
Windows 7 Enterprise(CP) - Internet Exprorer 10 でGoogle トップページ表示

例えば、Windows 8 Pro のHyper-V にWindows 8 Pro とWindows 7 Enterprise をインストールしたとします。

■ペアレントパーティション:Windows 8 Pro
□チャイルドパーティション1:Windows 8 Pro
□チャイルドパーティション2:Windows 7 Enterprise

もし複数のゲストOS を同時に手っ取り早くインターネット接続したい場合、どのようにインターネット接続環境を構築すれば良いでしょうか?

いくつかネットワークの構築方法は考えられますが、今回は仮想スイッチ(内部)を1つ作成し、それをホストOS のネットワークアダプタとブリッジ接続する方法を紹介してみます。

手順は以下の通りです。

1.[Hyper-V マネージャー]を起動します。

2.[仮想スイッチマネージャー]を開いて[仮想スイッチ(内部)]を1つ作成します。

3.[仮想スイッチ(内部)]を作成するとホストOS のネットワークアダプタ一覧に[vEthernet]が追加されるので、それとホストOS で使用しているネットワークアダプタをブリッジ接続します。

ブリッジ接続は、[コントロールパネル]→[ネットワークとインターネット]→[ネットワークと共有センター]→[アダプター設定の変更]と辿り、以下画像のようなウィンドウが表示されたら[vEthernet]とブリッジ接続したいネットワークアダプタを選択して右クリック後[ブリッジ接続]をクリックします。

ホストOSのネットワークアダプタ(無線&有線)とHyper-Vで作成したvEthernet(内部)をブリッジ接続

4.[Hyper-V マネージャー]の仮想マシンの[設定]からゲストOS のネットワークアダプタを作成したvEthernet(内部)を使用するように設定します。

これでホストOS とHyper-V 上の複数のゲストOS が同時に手っ取り早くインターネットにつながります。

え?手っ取り早くないって?でも、こうすると・・・

以上?

どれがいい?12種類のWindows 8 スタートボタン&スタートメニュー比較

[どれがいい?12種類のWindows 8 スタートボタン&スタートメニュー比較]

Windows 8 にスタートボタン&スタートメニューを追加するフリーウェアを12種類ほどインストールしてみました。

Start8
Start8(30日無料)

Classic Shell 日本語版
Classic Shell 日本語版(無料)

秀丸スタートメニュー
秀丸スタートメニュー(無料)

Wentutu Start Menu
Wentutu Start Menu(無料)

Revel BringBack 8
Revel BringBack 8(無料) 重過ぎるっつーの。

Start Menu X
Start Menu X(無料) 

Power 8
Power 8(無料)

Pokki
Pokki(無料)

IObit StartMenu8
IObit StartMenu8(無料)

Windows Start Menu Vistart 8
Windows Start Menu Vistart 8(無料)

Spesoft Free Windows 8 Start Menu
Spesoft Free Windows 8 Start Menu(無料)

Windows 7 explorer for Windows 8
Windows 7 explorer for Windows 8(無料)

動作速度がどうだとか、メモリ使用量がどうだとか、機能がどうだとか、いろいろ細かく比較して記事にしようかとも思ったのですが、時間がかかりそうなのでやめておきますよ...。

とりあえず、見た目の比較だけは少しばかり可能かと?

画像が多いので、文章は少なめで。

以上?

Windows 8 Pro のHyper-V にWindows 8 Pro を入れてみた

[Windows 8 Pro のHyper-V にWindows 8 Pro を入れてみた]

期間限定の特別価格で Windows 8 Pro にアップグレード
http://windows.microsoft.com/ja-JP/windows/buy

Windows 8 Pro ダウンロード版を3,300円で買ってみました。

Windows 8 pro ダウンロード版を3,300円で購入

それで、入手したWindows 8 Pro ダウンロード版はWindows 8 Pro with Media Center のHyper-V に入れたWindows 7 Home Premium をWindows 8 Pro with Media Center 化するのに使ってみました。

Windows 8 Pro with Media Center のHyper-V にWindows 8 Pro with Media Center をインストール

これで同一パソコン上にライセンス認証された通常利用のWindows 8 とテスト利用のWindows 8 環境の構築が完了です。

Hyper-V の方のWindows 8 Pro はスナップショットが使えるので結構無茶な使い方をしてもすぐに元通りです。

OS が3,300円くらいで入手可能だと、こういうことも気兼ねなくできますね。

ちなみに、Windows 8 Pro ダウンロード版は3,300円で1つ、1,200円(プロモーションコード利用)で2つ購入していますが、3つ合わせた金額は5,700円です。

Windows 8 pro ダウンロード版をプロモーションコードを使って1,200円で購入x2

以前アマゾン「Windows ありがとう」キャンペーンを利用して6,999円で入手したWindows 7 Home Premium アップグレード版DVD-ROM よりもWindows 7 Ultimate に相当するWindows 8 Pro ダウンロード・アップグレード版x3つの方が安くて驚きです。

以上。

Windows 8 Pro DL版のプロモーションコードを大量にゲットした話?

[Windows 8 Pro DL版のプロモーションコードを大量にゲットした話?]

Windows 8 優待購入プログラムに登録

これはWindows 8 Pro ダウンロード版のプロモーションコードを大量にゲットしてしまったというノンフィクションな非ネタ記事です。

いや、陳ねた?または捻ねた記事です。

それは兎も角...とある人物がWindows 8 優待購入プログラムに初めて登録(Windows 7 のプロダクトキー認証画面[下画像]は表示されずに登録完了)したときの話です。

Windows 8 優待購入プログラム Windows 7 プロダクトキー認証画面

登録完了後に何となく「もし同一人物が同じ日に同じパソコンを同じ店でいくつも購入した場合全く同じ情報を入力して何度も優待購入プログラムに登録する必要があるけれど、きっちり台数分異なるプロモーションコードが送られてくるのか?」と無性に気になったらしいのです。

それで、自らもう一度全く同じ情報を入力して登録してみたところ、再び認証画面は表示されずに登録が完了し、しかも違うプロモーションコードが送られてくることを確認したらしいのです。

調子に乗ったその人物は次に「1人につき最大で5台の対象PC を登録することができると書かれているけれど、同じ情報で6度以上登録しても異なるプロモーションコードが送られてくるのか?」と無性に気になったらしく、全く同じ情報を入力して連続で8度登録してみたところ、すべて認証画面は表示されることなく登録が完了し、しかも違うプロモーションコードがしっかり送られてくることを確認したらしいのです。

さらにその人物は「入手した8つのプロモーションコードはきちんと購入時に使用できるのか?」と無性に気になったらしく、それらのプロモーションコードを使って1,200円でWindows 8 Pro ダウンロード版を購入できるか試してみたかったらしいのですが、さすがにそこまでは調子に乗り切れずに複数の購入は思い留まり、結局最初にゲットした正規に使う権利のあるだろうプロモーションコードだけを利用してWindows 8 Pro ダウンロード版を1つだけ1,200円で購入し、他7つは利用せずにプロモーションコードが記載されたメールを破棄してしまったみたいです。

その人物曰く「興味本位で余計なことをしてしまった。いくつもプロモコードをゲットしてしまったけれど、最初に登録したときに送られてきたプロモコードしか使ってないから問題ないよね?!」とのこと。

実際に使用したプロモーションコードは1つだけですし、複数回登録したといっても偽りの情報は何一つ入力していませんから、問題ない気もしますが、はてさて...。

以上?
| PCプチ技能向上委員会?トップへ | 次ページ

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ