Windows 8 でHyper-V 上のゲストOS からファイルを取り出す方法

[Windows 8 でHyper-V 上のゲストOS からファイルを取り出す方法]

Windows 8 はVHD やVHDX ファイルのマウント機能を標準搭載しています。

というわけで、ゲストOS からホストOS に特定のファイルを移したい場合、ゲストOS のVHD(VHDX)ファイルをマウントして中のデータにアクセスするのが最も簡単なファイルの取り出し方法です。

マウントは、対象ファイルをダブルクリックするだけでOK です(対象ファイル上で右クリック後に[マウント]をクリック、または対象ファイルを選択してリボンの管理タブの[マウント]をクリックしてもマウント可能)。

Windows 8 でVHDX ファイルをマウント

マウントすると[コンピューター]のハードディスクドライブ一欄に仮想HDD が表示されるので、そこから必要なファイルは自由に取り出せます。

マウントすると[コンピューター]のハードディスクドライブ一欄に仮想HDD が表示

もしファイルを取り出すだけなら、今回の方法はシンプルでオススメです。

というのはウソで(おい!、仮想マシンのVHDX ファイルを気軽にマウントするとひどい目に会遭います。

とあるVHDX ファイルを操作ミスでダブルクリックしてしまったのですが、そのゲストOS が起動しなくなりました。

「親の仮想ハードディスクのID と差分ディスクのID が一致しません」だって。

スナップショットからすぐに起動できる状態に戻せましたが、どうもavhdx ファイルをマージしていない状態でゲストOS のVHD(VHDX)ファイルをホストOS でマウントしてしまうと起動エラーが起こるようで?

とりあえず、仮想マシンのVHD(VHDX)ファイルは気軽にマウントしないほうが良いようで?

ちなみに、ホストOS とゲストOS 間で相互にファイルをやり取りする場合、手段は色々あるわけですが、下記事のようにファイル交換専用のVHD(VHDX)ファイルをホストOS 側で新規作成して使用するのも一つの手かと。

Windows 8 ではVHD(VHDX)ファイルが手軽にマウントできますし、これはこれでなかなか実用的です。

活線挿抜! VHDのhot-add/removeでホスト - ゲストのファイル交換の巻
http://blogs.technet.com/b/ksasaki/archive/2010/03/08/vhd-hot-add-remove.aspx?Redirected=true

それにしても、まさかvhdx ファイルをダブルクリックするだけでマウントできる便利さが仇となるとは...。

以上。

Windows 8 でHyper-V 上の複数のゲストOS を同時にインターネットに接続する方法

[Windows 8 でHyper-V 上の複数のゲストOS を同時にインターネットに接続する方法]

ホストOS とHyper-V 上の複数のゲストOS が同時にインターネットに接続
Windows 8 Pro(PP) - Google Chrome 23 でGoogle トップページ表示
Windows 8 Pro(CP) - Firefox 17 でGoogle トップページ表示
Windows 7 Enterprise(CP) - Internet Exprorer 10 でGoogle トップページ表示

例えば、Windows 8 Pro のHyper-V にWindows 8 Pro とWindows 7 Enterprise をインストールしたとします。

■ペアレントパーティション:Windows 8 Pro
□チャイルドパーティション1:Windows 8 Pro
□チャイルドパーティション2:Windows 7 Enterprise

もし複数のゲストOS を同時に手っ取り早くインターネット接続したい場合、どのようにインターネット接続環境を構築すれば良いでしょうか?

いくつかネットワークの構築方法は考えられますが、今回は仮想スイッチ(内部)を1つ作成し、それをホストOS のネットワークアダプタとブリッジ接続する方法を紹介してみます。

手順は以下の通りです。

1.[Hyper-V マネージャー]を起動します。

2.[仮想スイッチマネージャー]を開いて[仮想スイッチ(内部)]を1つ作成します。

3.[仮想スイッチ(内部)]を作成するとホストOS のネットワークアダプタ一覧に[vEthernet]が追加されるので、それとホストOS で使用しているネットワークアダプタをブリッジ接続します。

ブリッジ接続は、[コントロールパネル]→[ネットワークとインターネット]→[ネットワークと共有センター]→[アダプター設定の変更]と辿り、以下画像のようなウィンドウが表示されたら[vEthernet]とブリッジ接続したいネットワークアダプタを選択して右クリック後[ブリッジ接続]をクリックします。

ホストOSのネットワークアダプタ(無線&有線)とHyper-Vで作成したvEthernet(内部)をブリッジ接続

4.[Hyper-V マネージャー]の仮想マシンの[設定]からゲストOS のネットワークアダプタを作成したvEthernet(内部)を使用するように設定します。

これでホストOS とHyper-V 上の複数のゲストOS が同時に手っ取り早くインターネットにつながります。

え?手っ取り早くないって?でも、こうすると・・・

以上?
| PCプチ技能向上委員会?トップへ | 次ページ

XXXXXXX

海外の映画・ドラマが月額933円(税抜)で今すぐ見放題!今すぐ無料視聴!