◎ホッコータルマエ!2013年東京大賞典(G1)の予想

[◎ホッコータルマエ!2013年東京大賞典(G1)の予想]

年末の風物詩・東京大賞典(G1)@2013年の予想です。

◎ホッコータルマエ
幸騎手が相当ヘグらない限り勝てると思います。サトノプリンシパルが逃げそうなので、2番手からの押し切り勝ちを期待します。

◯ニホンピロアワーズ
良馬場の高速決着に無類の強さを発揮する馬です。稍重馬場で行われる少頭数のレースは微妙な条件ですが、前走ぐだぐだな休み明け初戦でもあれだけ走れたのなら、3着以内は堅い気がします。

▲ローマンレジェンド
藤原英昭厩舎の叩き3戦目。引き続き岩田騎手を起用し、厩舎の勝負気配は非常に強いです。前走は凡走しましたが、2走ボケではないでしょうか?藤原英昭厩舎は休み明け初戦から競走馬をきっちり仕上げる技術に長けている一方、初戦で好勝負を演じた馬は次走上澄みが期待できないどころかオツリが無いため、ポカが非常に多いのが特徴です。

以下、ローマンレジェンドの休み明け初戦から叩き3戦目の成績です。

・休み明け初戦の成績(3-0-3-0)
・叩き2戦目の成績(1-1-0-3)
・叩き3戦目の成績(3-0-0-0)

今走は勝率100%の叩き3戦目です。少頭数の外目の枠で競馬がし易いですし、人気落ちのここは狙い目です。前走が2番人気で今走が4番人気なら狙うしかありません!

☆ワンダーアキュート
東京大賞典(G1)は3度挑戦して未勝利です。大井ダート2000mの成績は(0-1-2-2)で1度しか連対していません。どちらかと言えば苦手な条件だと思われます。そして、前走のレースを観て今年の東京大賞典(G1)は超高確率で連対を外しそうだと思いました。ワンダーアキュートの馬券を買って買って買いまくってきたので分かります。今走は飛びそうな予感でいっぱいです。もし連対できるとしたら、あの戦法しかありまん。武豊騎手がどのような位置取りでレースをするか楽しみで仕方ないです。

サトノプリンシパル
・・・。

3歳馬→サトノプリンシパル
4歳馬→◎ホッコータルマエ
5歳馬→▲ローマンレジェンド
6歳馬→◯ニホンピロアワーズ
7歳馬→☆ワンダーアキュート

<馬連>
◎→◯、▲ 2点

<三連単>
◎→◯⇔▲ 2点
◎→◯、▲→☆ 2点

事前予想はこんな感じで。当日の馬場状態、馬体重、人気、その他諸々を確認して買い目は買えるかもしれません。

去年の予想はこんな感じでした。
2012年の東京大賞典(G1)の予想

<東京大賞典 大井ダート2000m データ>

★1~3着馬の馬番★

1~3着の馬番 出走頭数

11  3 12 15頭 1998年 
 2  9  1 16頭
13  8  3 16頭
 5 11 14 16頭
 4  6 11 16頭 Gアリュール 逃げ切り
14 12  3 16頭
13 11 14 14頭 Aミツオー 逃げ切り
 4  6 15 15頭 Aミツオー 逃げ切り
12  1 11 13頭
13 11  3 15頭
 9  1  8  9頭
14 13  3 14頭
13  9 10 14頭
12  4 11 12頭
 8  4  2 12頭 2012年

基本的に外枠有利です。距離が2000mに変更されてから15レース行われていますが、馬番11より外の馬が9勝しています。それに対し、馬番1~10の馬は6勝止まりです。今のところ同じ馬番が3年連続で連対したことはありませんし、3年連続で3着以内に入ったこともありません。4番ワンダーアキュートの着順は何着になるでしょうか?

★1~3着馬の人気★

1~3着の人気 タイム 馬場

1 2 5 2.05.4 良 1998年
4 3 7 2.04.9 良 
1 2 6 2.04.9 良
3 5 2 2.05.2 良
1 3 2 2.05.6 良
2 7 3 2.03.7 良
3 5 7 2.02.6 重
4 2 1 2.03.1 良
3 9 2 2.03.5 稍
1 2 4 2.03.2 不
2 1 3 2.04.5 良
2 1 7 2.05.9 良
1 2 5 2.00.4 良
1 3 4 2.01.8 良
2 3 1 2.05.9 重 2012年

勝ち馬は1~4番人気の馬ばかりです。人気薄の単勝は狙わない方が良さそうです。そろそろ4番人気が連対圏に入ってそうな気がします。

★1~3着馬の年齢★

6 4 6 1998年
4 5 4
6 3 5
5 5 3
3 4 6
4 6 5
3 4 5
4 4 7
6 7 5
5 3 5
6 6 3
4 7 4
5 6 3
6 5 5
4 3 6 2012年

勝ち馬は3~6歳馬から出ており、7歳以上で3着以内に入った馬は3頭だけです。今のところ前年の勝ち馬と同じ年齢の馬の連覇はありません。果たして4歳馬ホッコータルマエは勝てるでしょうか?

★1~3着馬の騎手★

石崎隆之 菅原 勲 的場文男 1998年
加藤和宏 横山典弘 左海誠二
蛯名正義 松永幹夫 張田 京
菅原 勲 吉田 豊 石崎隆之
武  豊 横山典弘 吉田 豊
武  豊 内田博幸 横山典弘
内田博幸 横山典弘 和田竜二
内田博幸 横山典弘 武  豊
幸 英明 和田竜二 横山典弘
武  豊 今野忠成 武幸四郎
ルメール 武  豊 内田博幸
内田博幸 武  豊 デムーロ
武  豊 戸崎圭太 池添謙一
武  豊 和田竜二 岩田康誠
岩田康誠 内田博幸 和田竜二 2012年

武豊騎手、内田博幸騎手が馬券に絡みまくりです。最近人気薄で馬券に絡んだのは結局地方時代の内田、JRAジョッキー、外国人ジョッキーの騎乗馬です。

★1~3着馬の血統(上父、下母父)★

Cグリッターズ   グランドオペラ   カコイーシーズ
ペール       タクラマカン    ハンターコム

マジックミラー   アイネスフウジン  ペキンリュウエン
ミシシッピアン   ノーザンテースト  レイズアネイティヴ

アイネスフウジン  Cインチーフ    ダイナガリバー
ノーザンテースト  ナスルエルアラブ  ダイアトム

ブライアンズタイム パークリージェント デュラブ
ノーリュート    グッドリー     Bストローマン

サンデーサイレンス フォーティナイナー パークリージェント
ヌレイエフ     ノーザンダンサー  グッドリー

キングマンボ    ハイブリッジスルー フォーティナイナー
ブラッシングG   ハイコマンダー   ノーザンダンサー

Aケーティング   フォーティナイナー フォーティナイナー 
Jアンジェルーチ  ノーザンテースト  リラウンチ     

Aケーティング   ストームキャット  ブライアンズタイム
Jアンジェルーチ  シーキングザG   アルザオ

フサイチコンコルド フォーティナイナー ストームキャット
ブライアンズタイム リラウンチ     シーキングザG

エルコンドルパサー ブライアンズタイム マヤノトップガン
サンデーサイレンス ミスプロ      ジェイドロバリー

フジキセキ     エルコンドルパサー シンボリクリスエス
デピュティM    サンデーサイレンス サンデーサイレンス

シンボリクリスエス エルコンドルパサー トワイニング
サンデーサイレンス サンデーサイレンス サンデーサイレンス

ゴールドアリュール ブライアンズタイム ブライアンズタイム
ミシシッピアン   ミスプロ      シーキングザG

ゴールドアリュール カリズマティック  タピット
ミシシッピアン   プレザントタップ  コンサーン

スペシャルウィーク キングカメハメハ  カリズマティック
オーサムアゲイン  ブライアンズタイム プレザントタップ

こんな感じです。

★1~3着馬の馬体重★

483( +7) 491( -3) 524( -1) 1998年
482(-12) 497( +1) 504( +4)
500( -2) 521( -1) 480( -2)
504( -1) 534( +4) 491(+20)
506( -2) 495(-13) 526( +4)
477( -3) 498(+11) 498( +4)
520( +2) 469( -1) 530(+10)
534( -4) 478( -6) 462( ±0)
508( -2) 533( +3) 478( -8)
513( +3) 501( +5) 456( +4)
528( -2) 522( -2) 512(-10)
521( -5) 519( -1) 461( +1)
502( +2) 508( +1) 482( ±0)
513( +3) 508(-10) 496( -4)
497(-13) 497( -5) 516( -6) 2012年

勝ち馬の最低馬体重は477kg、2着馬の最低馬体重は469kgです。3着以内に入ったほとんどの馬が500kg前後の大型馬です。ある程度馬体が大きくないと勝ち負けできません。去年はローマンレジェンドが-13kgで勝ちましたが、それまでは12年連続で増減±5kg以内の馬が優勝していました。

★過去の1~3着馬の上がり3Fタイム★

36.9 37.8 37.7 1 6 3 1998年
37.7 38.2 38.9 1 2 7
38.0 38.5 38.3 3 6 5
38.3 37.9 39.0 4 1 6
38.3 38.4 38.0 3 4 1
38.6 39.1 39.7 1 2 4
37.2 37.5 37.7 1 5 6
37.5 36.9 37.4 5 2 4
37.3 38.3 38.5 1 4 5
36.3 37.1 37.8 1 2 3
35.1 35.0 35.8 2 1 5
36.7 36.9 37.0 2 3 4
37.3 37.4 38.1 1 2 3
38.2 38.0 38.4 4 3 5
38.5 38.7 38.4 2 3 1 2012年

先行して速い上がりの脚が使える馬でないと通用しません。連対馬は4角5番手以内がほぼ絶対条件で、後方からの追い込みは余程のことがない限り決まりません。

追記:1着◎ホッコータルマエ、2着☆ワンダーアキュート、3着◯ニホンピロアワーズで馬券はハズレました。ホッコータルマエは強かったですね。完勝でした。ワンダーアキュートは武豊騎手がとてもうまく乗った印象です。ニホンピロアワーズはローマンレジェンドが暴れた影響をもろに受けてスタートで出遅れましたし、苦手なスロペからの上がり勝負でジ・エンド。上位2頭とは瞬発力の差が出ただけだと思います。ローマンレジェンドはスタート前に暴れて終了...。たとえ暴れていなくてもダメだった気もしますが。てか、ゲート内で暴れたのに馬体検査なしですか?そのままスタートさせますか?びっくりしました。売り上げを減らさないための強行スタートだったのでしょうか?左脚を故障していなければ良いのですが。それにしても、これで東京大賞典(G1)は4連敗です。毎年ワンダーアキュートにやられています。本命にしたら馬券圏外に!無印にしたら2着に!2着付で買えば3着に!3着付で買えば2着に!

...!||!◯| ̄|_

以上。

Astrotec AX-60の音を確認⇒DUNU DN-1000のほうが好みでビックリした話?

[Astrotec AX-60の音を確認⇒DUNU DN-1000のほうが好みでビックリした話?]

Astrotec AX-60の評判が非常に良いのでeイヤホンに試聴しに行ってきました。

Astrotec AX-60 eイヤホンで33,200円

ものすごくわくわくしながら用意していたイヤホン比較用音楽を再生したところ、あまりにも期待が大き過ぎたためか、Astrotec AX-60の音を確認して少しばかり拍子抜けしてしまいました。

Astrotec AX-60は確かに低音の沈み方が秀逸で高解像度ながら空間も広く感じる素晴らしいイヤホンでした。

ところが、DUNU DN-1000で馴染みきった耳で聴くと、DUNU DN-1000のほうが私的には好みでした。

私としてはDUNU DN-1000で馴染みきった耳で聴くからこそ、Astrotec AX-60を試聴したときの感動は大きいだろうと思っていたのですが、結果はそうでもありませんでした。

欲しい衝動がどうしても抑えられず、買う気満々でAstrotec AX-60を試聴しに行ってきましたけれど、Astrotec AX-60は買わないことにしました。

意外にもハイブリッドトリプルはDUNU DN-1000で十分という結論です。

DUNU DN-1000 ハイブリッドイヤホンを購入&XBA-H3と比較?という記事で『国内外を問わずインターネットで情報収集してみると、DUNU DN-1000よりAstrotec AX60の方が自分的には好きな音を出しそうで何とも複雑な気持ちですが...。』と書きましたが、DUNU DN-1000のほうが好みの音でビックリしました。

案外Astrotec AX-60よりDUNU DN-1000のほうが好きな方は多いのではないでしょうか?

以上。

クリスマスの夜に突然聴きたくなったボーカル早見沙織さんの歌10曲?

[クリスマスの夜に突然聴きたくなったボーカル早見沙織さんの歌10曲?]

1.雪の華
歌:早見沙織 作詞:Satomi 作曲・編曲:松本良喜 オリジナルアーティスト:中島美嘉

2.God only knows -Secrets of the Goddess-
歌:早見沙織 作詞:西田恵美 作曲:本田光史郎、川崎里実 編曲:前口渉

3.With…you…
歌:早見沙織 作詞:六ツ見純代 作曲:川崎里実 編曲:増田武史

4.こいかぜ
歌:早見沙織 作詞:貝田由里子 作曲・編曲:NBGI(椎名豪)

5.白いココロ
歌:早見沙織 作詞・作曲:Taishi 編曲:Taishi、ACOMPANAR

6.Angel Night~天使のいる場所~
歌:早見沙織 作詞:松尾由紀夫 作曲・編曲:松浦雅也

7.Cross Over~version les quatre filles~
歌:早見沙織、戸松遥、日高里菜、小清水亜美 作詞:前澤希 作曲:古川貴浩 編曲:高田龍一

8.Re@union
歌:早見沙織 作詞・作曲:カプコン・サウンドチーム

9.innocent blue
歌:早見沙織 作詞:六ツ見純代 作曲:Mi-Ya 編曲:渡辺拓也

10.七色Happiness
歌:早見沙織、瀬戸麻沙美 作詞:rino 作曲:A-bee

以上。

パープルシャドウがダートの新馬戦で単勝1番人気(1.8倍)⇒単勝爆弾で大勝負した作り話?

[パープルシャドウがダートの新馬戦で単勝1番人気(1.8倍)⇒単勝爆弾で大勝負した作り話?]

注意)これはタイトル通り作り話です。作り話だと認識した上でご覧下さい。てか、しょうもない記事を投稿してすみません(汗。

2013年12月23日(月)中山4Rダート1200m新馬戦の結果

2013年12月23日(月)、私は中山4Rダート1200mの新馬戦でパープルシャドウが1番人気になっているのをレース20分前に発見しました。パープルシャドウは父サクラバクシンオー母父ダンスインザダークという血統で、この組み合わせの競走馬は下記事の通り、中央競馬のダートレースで8年間未勝利.....。

母父ダンスインザダークなサクラバクシンオー産駒がダートで未勝利な件?

それにもかかわらず、パープルシャドウの単勝は1倍台の圧倒的な1番人気でした。それを見て私のテンションはすこぶる上がりました。パープルシャドウ以外の単勝で一獲千金が狙えると思い、すぐに2番人気を確認しました。

2番人気を確認して俄然テンションが上がりました。2番人気は2009年5月に開厩してから新馬戦でわずか2勝だけの田島俊明厩舎のデジタルアートだったからです。しかも、デジタルアートは今のところ新馬戦で未勝利の父アグネスデジタル母父スペシャルウィークですし、全兄がダートで3戦3大敗だったドラゴントロフィーです。調教で動いたとはいえ、距離が短い気がしますし、戸崎人気で売れ過ぎの印象です。

私は上の2頭が勝てなければ、単勝10倍以上の配当が確定するとほくそ笑みながら、次に3番人気を確認しました。3番人気を見て更に更にテンションが上がりました。3番人気のニナフェアリーは父キングヘイロー母父オースですが、これはどう考えても芝馬です。母アラマサフェアリー(芝2勝)は中山ダート1200mの新馬戦で3番人気15着だった競走馬ですし、半兄ラインミーティア(芝2勝)もダートは2戦して未勝利です。

1~3番人気がこれですから、超荒れそうな予感がしました。

次に4番人気のヤマイチヒカリの血統を調べました。ヤマイチヒカリは父ワイルドラッシュ母父ボストンハーバーです。見た瞬間に渋った中山ダート1200mの鬼血統だと思いました。トリニティチャーチと同配合で単勝を購入しようと思いました。

5番人気ラヴィングルックはコマンズ産駒でダートは微妙です。

そして、6番人気ヒカリヴェロニカの血統をみて「これは...!」と思いました。ヒカリヴェロニカは父ゼンノロブロイ母父フレンチデピュティです。この配合の競走馬は13頭中4頭が新馬戦で勝っていますし、母ヒカリマーガレットは稍重馬場の中山ダート1200mの新馬戦勝ち馬です!馬番は外寄りの12番ですし、馬体重も494kgと馬格にも恵まれています。池上厩舎(新馬戦43勝)の所属馬で鞍上は田辺騎手ですから、ヒカリヴェロニカの単勝はアツく購入しようと思いました。

7番人気ファンディータはパイロ産駒なのでおさえ、8番人気キレイナオヒメサマは渋った中山ダート1200mは意外と走るオンファイア産駒なのでおさえました。

単勝は中途半端に頭数を絞らず、利益が出るように2~16番人気まで全て買おうか迷いましたが、結局4頭に絞って大勝負しました。馬券は下画像の通り、ヒカリヴェロニカとヤマイチヒカリの単勝を超アツく、ファンディータとキレイナオヒメサマの単勝はやや少なめに購入しました。

結果はヒカリヴェロニカの優勝で『単勝17.1倍』大的中!最高に熱い一戦でした。

それにしても、父サクラバクシンオー母父ダンスインザダークは本当にダートがダメです。パープルシャドウは芝替わりで狙ってみたい競走馬ですが、次走もダートでしょうか?ダートであれば、また人気を集めて凡走してくれそうなので、オッズ次第では再び単勝爆弾で勝負するかも?

以上?

◎オルフェーヴル!第58回有馬記念(GI)の予想

[◎オルフェーヴル!第58回有馬記念(GI)の予想]

父ステイゴールド母父メジロマックイーンの2頭軸で勝負します。

◎オルフェーヴル
すっきり勝って引退してもらいたいので本命にします。

▲ゴールドシップ
超高確率で上がり3Fが35秒以上かかるレースになりそうですし、オルフェーヴルが掃除したところを後ろから豪快に追い込めば3着以内は堅いと思います。あわよくば、ブリンカー装着&ムーア騎手への乗り替わりで一発を期待します。

1977年以来、同じ年齢の競走馬によるワンツースリーはありません。今年はオルフェーヴル(5歳)とゴールドシップ(4歳)から内枠の有馬記念(GI)初挑戦の5歳馬に流せば当たりそうな?

3歳馬:タマモベストプレイ、ラブリーデイ、テイエムイナズマ
4歳馬:ゴールドシップ、ラブイズブーシェ
5歳馬:ダノンバラード、ヴェルデグリーン、カレンミロティック、ウインバリアシオン、デスペラード、オルフェーヴル、ルルーシュ、アドマイヤラクティ、ナカヤマナイト
6歳馬:トゥザグローリー
7歳馬:トーセンジョーダン

5歳馬から軸馬を探した結果→◎オルフェーヴル
5歳馬以外から軸馬を探した結果→▲ゴールドシップ

AJCC(GII)の勝ち馬は同年の有馬記念で要注意?

2013年:ダノンバラード   有馬記念(G1)?着(?番人気)
2012年:ルーラーシップ   有馬記念(G1)3着(2番人気)
2011年:トーセンジョーダン 有馬記念(GI)5着(3番人気)スロペでアウト!
2010年:ネヴァブション   有馬記念(GI)8着(12番人気)状態ダメダメ。
2009年:ネヴァブション   有馬記念(GI)12着(13番人気)状態ダメダメ。
2008年:エアシェイディ   有馬記念(G1)3着(10番人気)
2007年:マツリダゴッホ   有馬記念(GI)1着(9番人気)
2006年:シルクフェイマス  未出走
2005年:クラフトワーク   未出走
2004年:ダンツジャッジ   未出走
2003年:マグナーテン    未出走
2002年:東京開催
2001年:アメリカンボス   有馬記念(GI)2着(13番人気)
2000年:マチカネキンノホシ 有馬記念(GI)12着(7番人気)
1999年:スペシャルウィーク 有馬記念(GI)2着(2番人気)
1998年:メジロブライト   有馬記念(GI)2着(3番人気)
1997年:ローゼンカバリー  有馬記念(GI)4着(8番人気)
1996年:東京開催
1995年:サクラチトセオー  有馬記念(GI)3着(4番人気)

ダノンバラードは何着?状態ダメダメってホント?

アドマイヤラクティは地味に対ゴールドシップで3戦3先着ですが、1,2,3番人気のワンツースリーはないと思うので買いません。

三連複 ◎、▲→1,2,3,4,5 5点×10,000円

三連単 ◎→▲→1,2,3,4,5 5点×5,000円
    ▲→◎→1,2,3,4,5 5点×5,000円

三連複◎、▲軸全流しも考えたのですが、これで逝きます。

ラジオNIKKEI杯2歳S(GIII)の馬券

ラジオNIKKEI杯2歳S(GIII)で得た10万円を全額投資?

追記:1着◎オルフェーヴル、2着△ウインバリアシオン、3着▲ゴールドシップで三連複のみ的中...。1着オルフェーヴルはただただ強かったですね。2着ウインバリアシオンもさすがに能力が高く、これでオルフェーヴルの2着は4度目です。調教の動きが良かったですし、馬体重も願ったり叶ったりの-4kgでした。3着ゴールドシップはやや復調気配も3着まで。それにしても、1,3,4着のBMSがメジロマックイーン?なんともシブい有馬記念になりました。次は東京大賞典。

以上。
| PCプチ技能向上委員会?トップへ | 次ページ

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ