◎ジェンティルドンナ!!2014年第34回ジャパンカップ(GI)の予想

[◎ジェンティルドンナ!!2014年第34回ジャパンカップ(GI)の予想]

◎ジェンティルドンナ(5歳)
歴史的最強世代の優駿牝馬(GI)勝ち馬。ジャパンC(GI)は2分23秒1、2分26秒1の決着タイムで連覇中。去年みたいな度を越したスローペースは考えられませんし、ある程度ペースが速くなれば間違いなく勝ち負けだと思います。臨戦過程も枠も騎手も問題無いですし、3連覇を期待して本命で!第34回ジャパンカップ(GI)出走メンバーの実績・競走成績は豪華だと思いますが、第32回ジャパンカップ(GI)出走メンバーの方がどう考えてもハイレベルだったと思います。ジェンティルドンナはオルフェーヴルを倒した世界的名牝!

<第32回ジャパンカップ(GI)>
1着ジェンティルドンナ 桜花賞(GI)、優駿牝馬(GI)、秋華賞(GI)、ジャパンC(GI)×2、ドバイシーマC(GI)
2着オルフェーヴル 皐月賞(GI)、東京優駿(GI)、菊花賞(GI)、有馬記念(GI)×2、宝塚記念(GI)
3着ルーラーシップ クイーンエリザベスC(GI)
4着ダークシャドウ
5着フェノーメノ 天皇賞(春)(GI)×2
6着トーセンジョーダン 天皇賞(秋)(GI)
7着ビートブラック 天皇賞(春)(GI)
8着レッドカドー 香港ヴァーズ(GI)
9着エイシンフラッシュ 東京優駿(GI)、天皇賞(秋)(GI)
10着ジャガーメイル 天皇賞(春)(GI)
11着ジャッカルベリー
12着マウントアトス
13着ソレミア 凱旋門賞(GI)
14着オウケンブルースリ 菊花賞(GI)
15着メイショウカンパク
16着ローズキングダム 朝日FS(GI)、ジャパンC(GI)
17着スリプトラ

◯フェノーメノ(5歳)
歴史的最強世代の東京優駿(GI)2着馬。岩田騎手の必殺先行粘り込みを期待して対抗で。

▲ハープスター(3歳)
優駿牝馬(GI)2着馬。規格外スターホース。状態が微妙ですが、53kgは非常に有利です。

☆ワンアンドオンリー(3歳)
東京優駿(GI)勝ち馬。根幹距離で全4勝している根幹距離特化型で侮れないと思います。ハーツクライ産駒なので距離短縮がどうか・・・。

△デニムアンドルビー(4歳)
優駿牝馬(GI)3着馬。去年以上の成績は期待できない気がしますが、案外そこそこやれそうな気も・・・。

△ヒットザターゲット(6歳)
最内で脚を溜めてイン差しを狙えば上位争い可能な気がします。

ジャスタウェイ(5歳)
この条件は向かないのでは・・・。無印で。

エピファネイア(4歳)
菊花賞(GI)勝ち馬なので無印で。

<菊花賞(GI)勝ち馬のジャパンC(GI)成績>
ミスターシービー →10着( 1番人気)三冠馬撃沈!
シンボリルドルフ → 3着( 4番人気)三冠馬撃沈!
           1着( 1番人気)重馬場
ミホシンザン   → 3着( 4番人気)
メジロデュレン  →11着(12番人気)
スーパークリーク → 4着( 1番人気)
メジロマックイーン→ 4着( 1番人気)
ライスシャワー  →14着( 7番人気)
ナリタブライアン → 6着( 1番人気)三冠馬撃沈!
ナリタトップロード→ 3着( 5番人気)
エアシャカール  →14着( 3番人気)
ヒシミラクル   → 9着(11番人気)
ザッツザプレンティ→ 2着( 5番人気)重馬場
デルタブルース  → 3着( 7番人気)
           5着(14番人気)
ディープインパクト→ 1着( 1番人気)
アサクサキングス → 8着( 6番人気)
          16着(10番人気)
オウケンブルースリ→ 5着( 4番人気)
           2着( 2番人気)
           7着( 6番人気)
          10着(12番人気)
          14着(17番人気)
オルフェーヴル  → 2着( 1番人気)三冠馬撃沈!
ゴールドシップ  →15着( 2番人気)
エピファネイア  → 1着( 4番人気)偽良馬場(渋った馬場)

菊花賞(GI)勝ち馬のジャパンC(GI)成績→(2-3-4-16)

ジャパンC(GI)を制した菊花賞(GI)勝ち馬は3冠馬シンボリルドルフとディープインパクトだけです。良馬場で行われたジャパンC(GI)を制した菊花賞(GI)勝ち馬はディープインパクトだけです。

馬単 ◎→◯、▲、△、☆ 5点×10,000円
馬連 ▲→◎ 1点×50,000円

追記:1着エピファネイア、2着ジャスタウェイ、3着スピルバーグで馬券はハズレました。東京芝は雨の影響で上がりのかかるパワー馬場になっており、納得のエピファジャスタウェイのワンツーでした・・・。雨が降ったというのに意味不明にパンパンの良馬場の上がり高速決着を想定して予想・・・。朝一の段階で稍重馬場と知って「ヤバイ・・・。」と思い、ジャパンC(GI)前の芝全レースで上がり33秒台の脚を使う馬が1頭もいなくて「ヤバイ・・・!」と思い、ジャパンC(GI)の結果を見て「・・・(泣)」。ライアン・ムーア騎手「昨日の雨で馬場が緩くてグリップが利かず、地面をつかみきれなかった感じでした。今日は切れ味勝負ではなく、スタミナ勝負になってしまいました。仕上がりはよかっただけにとても残念です。」次はチャンピオンズC(GI)?もう東京大賞典(GI)が終わるまでGI予想だけ淡々と更新?

以上。

◎ダノンシャーク!第31回マイルチャンピオンシップ(GI)の予想

[◎ダノンシャーク!第31回マイルチャンピオンシップ(GI)の予想]

6歳馬(マイルはおまかせオルフェーヴル世代) VS 5歳馬(歴史的最強世代) VS 4歳馬(歴史的最弱世代) VS 3歳馬(たぶんそれほど強くない世代)

テン3F=34.5秒、1000m=57.5秒、優勝タイム=1分31秒5を想定して予想します。

◎ダノンシャーク(6歳)
単純に1分31秒台の決着タイムになれば突っ込んでくる可能性は十分考えられます。メイチの仕上げで鞍上が岩田騎手なので一発を期待します。本命で!

◯エキストラエンド(5歳)
前走の富士ステークス(GIII)はトップハンデを背負いながら上がり32.9秒の鬼脚で0.1秒差の5着でした。復調気配が感じられますし、内差しがハマれば上位争い可能だと思います。3歳時にはフェノーメノやトーセンホマレボシやベールドインパクトやスカイディグニティ等としのぎを削っていた馬です。マイルGIなら力は通用すると思います。

▲ワールドエース(5歳)
池江泰寿厩舎の叩き2戦目、距離短縮、京都替り、外国人騎手に乗り替わり。

第52回きさらぎ賞(GIII)
1着ワールドエース   1:47.0
3着ベールドインパクト 1:47.7 京都記念(GII)2着
4着ジャスタウェイ   1:47.9 天皇賞(秋)(GI)優勝、安田記念(GI)優勝、中山記念(GII)優勝
9着アルキメデス    1:48.6 朝日チャレンジC(GIII)優勝、中山記念(GII)2着

ワールドエースはきさらぎ賞(GIII)で世界のジャスタウェイを0.9秒ぶっ千切ってレースレコード(馬場差は無考慮)で優勝した馬です。

第45回読売マイラーズカップ(GII)
1着ワールドエース   
2着フィエロ      スワンS(GII)3着 
3着エキストラエンド  京都金杯(GIII)1着 
4着レッドアリオン   富士S(GIII)3着
5着オースミナイン   京都金杯(GIII)2着 
6着カオスモス     オーロC(OP)2着
11着エールブリーズ   京王杯SC(GII)3着
12着ダノンプログラマー オーロC(OP)1着

ワールドエースはマイラーズカップ(GII)で京都金杯(GII)1,2着馬やスワンS(GII)3着馬をぶっ千切ってコースレコード(馬場差は無考慮)で優勝した馬です。

第79回東京優駿(GI) 2014年のGI成績
2着フェノーメノ  天皇賞(春)(G1)1着
4着ワールドエース マイルチャンピオンシップ(GI)?着
5着ゴールドシップ 宝塚記念(GI)1着
10着グランデッツァ マイルチャンピオンシップ(GI)?着
11着ジャスタウェイ 安田記念(GI)1着
14着スピルバーグ  天皇賞(秋)(G1)1着
15着クラレント   マイルチャンピオンシップ(GI)?着

ワールドエースは京都マイルの鬼・ディープインパクト産駒で最強5歳世代の皐月賞(GI)2着馬で東京優駿(GI)4着馬でマイラーズカップ(GII)勝ち馬です。力通りに走れば1着濃厚だと思います。マイラーズカップ(GII)を勝ったときより状態が良さそうですし、ブドー騎手なら積極的に前々の位置取りから押し切ってくれると思います。とりあえず、まともに走れば1着濃厚だと思います。

☆フィエロ(5歳)
マイラーズカップ(GII)で2着だった馬ですが、距離延長と鞍上福永騎手がどうか・・・。

△トーセンラー(6歳)
叩き2戦目、距離短縮。トーセンラーはきさらぎ賞(GIII)で3冠馬オルフェーヴル、ウインバリアシオン、NHKマイル(GI)2着馬コティリオンを倒して優勝した馬です。6歳以上の成績があまりよくないマイルCS(GI)ですが、トーセンラーは“古馬マイルGI馬を5頭輩出しているオルフェーヴル世代の京都外回り中距離のスーパーエース”ですから、上位争いが期待できると思います。とはいえ、去年より勝ちタイムが速くなりそうですし、外枠の武豊騎手ですから、去年以上の成績は期待できない気がします。

第51回きさらぎ賞(GIII)
1着トーセンラー    1:47.6
3着オルフェーヴル   1:47.8 三冠馬。
4着ウインバリアシオン 1:48.0 日経賞(GII)優勝など。オルフェーヴルのライバル。
5着メイショウナルト  1:48.1 小倉記念(GIII)優勝、七夕賞(GIII)優勝
6着コティリオン    1:48.3 NHKマイル(GI)2着(1着グランプリボス!、3着リアルインパクト!)

<マイルGIで掲示板に載った現6歳馬>

第61回安田記念(GI)
1着リアルインパクト(9番人気)[3歳]

第62回安田記念(GI)
2着グランプリボス(13番人気)[4歳]

第63回安田記念(GI)
1着ロードカナロア(1番人気)[5歳]
2着ショウナンマイティ(3番人気)[5歳]
3着ダノンシャーク(12番人気)[5歳]
4着マイネイザベル(15番人気)[5歳]
5着サクラゴスペル(16番人気)[5歳]

第64回安田記念(GI)
2着グランプリボス(16番人気)[6歳]
3着ショウナンマイティ(10番人気)[6歳]
4着ダノンシャーク(9番人気)[6歳]

第28回マイルチャンピオンシップ(GI)
5着リアルインパクト(1番人気)[3歳]

第29回マイルチャンピオンシップ(GI)
1着サダムパテック(4番人気)[4歳]
2着グランプリボス(1番人気)[4歳]
3着ドナウブルー(5番人気)[4歳]
5着リアルインパクト(10番人気)[4歳]

第30回マイルチャンピオンシップ(GI)
1着トーセンラー(2番人気)[5歳]
3着ダノンシャーク(1番人気)[5歳]
5着ドナウブルー(10番人気)[5歳]

第7回ヴィクトリアマイル(GI)
1着ホエールキャプチャ(4番人気)[4歳]
2着ドナウブルー(7番人気)[4歳]
3着マルセリーナ(3番人気)[4歳]
4着キョウワジャンヌ(11番人気)[4歳]

第8回ヴィクトリアマイル(GI)
2着ホエールキャプチャ(12番人気)[5歳]
3着マイネイザベル(5番人気)[5歳]
5着ドナウブルー(7番人気)[5歳]

第9回ヴィクトリアマイル(GI)
4着ホエールキャプチャ(2番人気)[6歳]

●現6歳世代は3歳時からマイルGIでハンパない好走率を誇り、古馬マイルGIの勝ち馬を5頭輩出しているマイル最強世代です。4,5,6,8歳でマイルCS(GI)を制したキンカメ世代と同じようにオルフェーヴル世代は6歳でも侮れないと思います。

馬連 ◎→◯、▲、☆、△ 4点×10,000円
馬連ボックス ◎、◯、▲、☆ 6点×10,000円

追記:1着◎ダノンシャーク、2着☆フィエロ、3着グランデッツァで馬連がアタリました(大勝。1着◎ダノンシャークは得意の超高速決着&岩田騎手の手綱さばきが冴え渡って悲願のGI初制覇を達成しました。2着☆フィエロは惜しい2着でしたが、“騎手の差”で負けてしまった感じでした。3着グランデッツァは京都の高速馬場は得意ですが、バラゲーみたいな非根幹距離特化ホースだと思うので3着でも大健闘だった気がします。4着△トーセンラーは去年より外枠で勝ちタイムが速くなった分だけ追い込みが届きませんでした。5着◯エキストラエンドはちょっと力及ばず・・・といった印象の5着でした。▲ワールドエースは出遅れて道中無駄な脚を使って詰まって減速してグダグダなレースぶりで8着でした。もともと本命にしようと思っていたのですが、前走の大敗が嫌な感じだったので本命にするのを回避・・・。結果的に本命にしなくて正解でした。それにしても、現6歳世代はマイルGIでめちゃくちゃ強いですね。古馬マイルGI勝ち馬はリアルインパクト、ホエールキャプチャ、サダムパテック、ロードカナロア、トーセンラーに続きダノンシャークで6頭目です。思い返せばNHKマイルC(GI)3着馬リアルインパクトが3歳で安田記念(GI)を優勝した世代ですから強くないはずがない?次はジャパンC(GI)?

以上。
| PCプチ技能向上委員会?トップへ | 次ページ

XXXXXXX

海外の映画・ドラマが月額933円(税抜)で今すぐ見放題!今すぐ無料視聴!