◎レッツゴードンキ!第46回高松宮記念(GI)の予想

[◎レッツゴードンキ!第46回高松宮記念(GI)の予想]

◎レッツゴードンキ
△ウリウリ
△エイシンブルズアイ
△サトノルパン
△アルビアーノ
△ヒルノデンバー

単勝 ◎ 1点×50,000円
馬連 ◎-△ 5点×10,000円

追記:1着ビッグアーサー、2着ミッキーアイル、3着△アルビアーノで馬券はハズレました。朝から内有利の超高速馬場で内目の枠の1,2,3番人気が人気順にワンツースリーフィニッシュ。1着ビッグアーサーは父サクラバクシンオー、母父キングマンボ(リボー内包のミスプロ系)で同じサクラバクシンオー産駒のダッシャーゴーゴー(母父ミスプロ系、母リボー内包)やカノヤザクラ(母父ミスプロ系、母リボー内包、母母父サドラーズウェルズ)と似た血統の競走馬。スプリント戦の高速決着に強く、今日の馬場とメンバーであれば、福永騎手がスタートで出遅れない限り、何回レースをやり直しても優勝するような“完勝”でした。次走以降の最大の狙い目は良馬場のセントウルステークス(GII)。そして、スプリンターズステークス(GI)でダッシャーゴーゴーやカノヤザクラのように人気を裏切るのではないかと予想。2着ミッキーアイルは距離延長(プラス要素)で非根幹距離(プラス要素)だった阪急杯(GIII)を逃げ切った後の距離短縮(マイナス要素)の根幹距離戦(マイナス要素)のレースでしたから、勝ち切るには厳しい条件でした。3着アルビアーノは4勝中3勝が非根幹距離ですし、いかにも父ストームキャット系の競走馬で高速馬場の根幹距離のGIだとキレ負けて3着といった感じでした。4着アクティブミノルも激走したとはいえ、アルビアーノと同じくいかにも父ストームキャット系の競走馬で高速馬場の根幹距離のGIだとキレ負けて掲示板がせいぜいといった感じでした。◎レッツゴードンキは直線伸び始めたところで前が詰まる致命的な不利でムチを一度も使うことなく終了。但し、詰まっていなくても掲示板争いがやっとだったでしょうか?とりあえず、ビッグアーサーは父サクラバクシンオーで母父キングマンボで母母父サドラーズウェルズという魅力的な血統ですから、サクラバクシンオーの後継種牡馬として日本競馬界的に重要な一頭になりました。もしかすると今週のJRAによる作為的な内有利の超高速馬場はサクラバクシンオーの非サンデー系後継種牡馬を作り出すという一大裏プロジェクトの一貫だったりして・・・。生産者の視点に立つとビッグアーサー以上にこのレースを勝って喜ばしい競走馬は存在しませんから、100%あり得ないこともないと思いますがどうでしょう?

以上。

【2016年3月】豪ドル/円の動向をMetaTrader5で予測?

[【2016年3月】豪ドル/円の動向をMetaTrader5で予測?]

2016年3月も残り2週のみですが、3月の豪ドル/円の動向をMetaTrader5のチャートを参考に予測(?)してみます。

<豪ドル/円 月足チャート@2016年3月12日>
豪ドル/円 月足チャート@2016年3月12日

<豪ドル/円 月足チャート@2016年3月19日>
豪ドル/円 月足チャート@2016年3月19日

☆豪ドル/円の月足は2016年3月12日(土)の終値から6円以上下げる可能性は相当低い為、3月の月足はほぼ100%陽線で確定しそうです。注目ポイントは3月中に86.35円(重い上値抵抗ライン)を上抜けして20EMA(赤曲線)に到達するかどうかです。ちなみにリーマン・ショック以降の【3月の月足】は毎年超高確率で陽線(画像ピンク四角)です。

<豪ドル/円 週足チャート@2016年3月12日>
豪ドル/円 週足チャート@2016年3月12日

<豪ドル/円 週足チャート@2016年3月19日>
豪ドル/円 週足チャート@2016年3月19日

☆豪ドル/円の3月2週目(2016年3月7日~2016年3月12日)の週足は1月4週目(2016年1月25日~1月30日)に記録した高値86.35円付近まで上昇しましたが、3月3週目(2016年3月14日~2016年3月19日)の第1日目(月曜日)の朝にピンポイントで1月29日(金)に記録した高値86.35円まで上昇した後、そこから下げに転じ、月曜日と火曜日は大きく下げるという結果に。86.35円を明確に越えてくるとそれなりに大きく上げそうですが、3月中に86.35円(重い上値抵抗ライン)を超えるかどうかは微妙な感じです。とりあえず、来週の週足は週足チャートの20EMA(赤曲線)から上げるか下げるかが最大の焦点です。もし20EMAから上昇すれば来週の週足は陽線、20EMAから下落すれば陰線になります。

<豪ドル/円 日足チャート@2016年3月12日>
豪ドル/円 日足チャート@2016年3月12日

<豪ドル/円 日足チャート@2016年3月19日>
豪ドル/円 日足チャート@2016年3月19日

☆豪ドル/円の日足は3200EMAが思いっきり上値抵抗ラインとして機能し、そこから大きく下落しました。直近の注目ポイントは3200EMAを上抜けするかどうか、及び20EMAが割れないかどうかです。

<豪ドル/円 4時間足チャート@2016年3月19日>
豪ドル/円 4時間足チャート@2016年3月19日

☆豪ドル/円の4時間足チャートを見ると上値は非常に重い感じです。注目ポイントは85.5円を上抜けするかどうか、及び200EMAを目指して下げるかどうかだと思います。

<米ドル/円 月足チャート@2016年3月19日>
米ドル/円 月足チャート@2016年3月19日

◆米ドル/円の月足は2016年2月に豪快に20EMAが底抜けし、3月中に一旦25SMAまで上昇するも、そこから再び下落しました。3月19日早朝の終値は結構重要な下値支持線を底抜けしたところに位置し、3月の月足がここで下げ止まるかどうか微妙な状況です。もし米ドル/円が更に下げるようなら、豪ドル/円も引きづられて下げる展開になりそうです。

<米ドル/円 週足チャート@2016年3月19日>
米ドル/円 週足チャート@2016年3月19日

◆米ドル/円の週足はピンク色のほうに上昇するか、水色のほうに下落するかといった感じです。

<米ドル/円 4時間足チャート@2016年3月19日>
米ドル/円 4時間足チャート@2016年3月19日

◆米ドル/円は青の上値抵抗線から大きく下落して再び111.00円まで下げました。来週は陽線になるかもしれませんが、もし111.00円を割れるようなら大きく下げる可能性も考えられるため注意が必要です。数ヶ月単位の中期的なスパンでは超高確率で円高に向かうと思われますが、3月中に111.00円の下値支持ラインが明確に割れるかどうかは不明です(え?

【表示インディケーター】
20EMA/200EMA/800EMA/RSI(20)/BB(20.2.C)/400EMA
25SMA/50SMA/5SMA/100EMA/200SMA/800SMA
1600EMA/3200EMA/6400EMA/12800EMA/300EMA/
500EMA/600EMA/700EMA ※重要視している順。

以上。
| PCプチ技能向上委員会?トップへ | 次ページ

XXXXXXX

海外の映画・ドラマが月額933円(税抜)で今すぐ見放題!今すぐ無料視聴!