PCプチ技能向上委員会? > WiMAX > @nifty WiMAX2+の初月無料期間を最大日数する理想的な申込日とは?

@nifty WiMAX2+の初月無料期間を最大日数する理想的な申込日とは?

[@nifty WiMAX2+の初月無料期間を最大日数する理想的な申込日とは?]

【@nifty】WiMAX2+お得なキャッシュバックキャンペーンで@nifty WiMAX2+を申込契約するときに初月の無料期間を最大日数にする理想的な申込日を調べてみたのでご紹介します。

まず、@nifty WiMAX2+は「利用登録月の月額料金がタダ」です。利用登録月は無料でWiMAX2+が使えます。
@nifty WiMAX2+は「利用登録月の月額料金がタダ」です。利用登録月は無料でWiMAX2+が使える!

@nifty WiMAX2+の利用登録月とは「購入したデータ通信機器が@niftyより発送された日が属する月」のことで、このデータ通信機器の発送日を『×月1日』にうまく調整して申し込み手続きを行うと実質初月の無料期間が最大日数になります。

@nifty WiMAX2+は申し込み時にクレジットカード決済を選ぶと最短で申込日の2日後にデータ通信機器が発送されるため、利用登録月(購入したデータ通信機器が@niftyより発送された日が属する月)の初月無料期間を最大日数にしたければ、×月1日の2日前に申し込むのが理想的だと言えそうです。

但し、少し注意しなければいけない問題があります。

それは@nifty入会月(申込日が属する月)と利用登録月(データ通信機器が発送された日が属する月)が異なる場合、利用登録月は@nifty基本料金250円(税抜)が発生する点です。

例えば、2015年3月30日(月)に@nifty WiMAX2+を申し込んだ場合、最短で4月1日(水)にデータ通信機器が発送され、早ければ翌日の4月2日(木)にデータ通信機器が家に届くため、確かに利用登録月の初月無料期間は最大日数になります。

ところが、@nifty入会月(3月)と利用登録月(4月)が異なりますから、4月は3月分の@nifty基本料金250円(税抜)を支払う羽目になります。

そのため、無駄な@nifty基本料金を発生させずに利用登録月(データ通信機器が発送された日が属する月)の初月無料期間を出来る限り長くしたいなら、結局×月1日に申し込むのがベストだと言えそうです。

ちなみに@nifty入会月(申込日が属する月)と利用登録月(データ通信機器が発送された日が属する月)が異なる場合の初回請求額は以下の通りです。

例)@nifty WiMAX2+キャッシュバックキャンペーンでSpeed Wi-Fi NEXT W01を1円(税抜)で購入した場合

初回請求額=(@nifty基本料金250円+@nifty WiMAX2+機器送料0円+@nifty WiMAX2+登録手数料3,000円+W01購入代金1円)×1.08(消費税)=3,511円[小数点以下は切捨て]

注意)【@nifty】WiMAX2+お得なキャッシュバックキャンペーンは月によって内容が変更されるため、例えばデータ通信機器の送料が有料化された場合などは、初回請求額が上記金額と異なかもしれませんので申し込む前にキャンペーンサイトでキャンペーン内容をしっかりご確認されることをオススメします。

以上。
| PCプチ技能向上委員会?トップへ |

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ