PCプチ技能向上委員会? > WiMAX > 2015年8月WiMAX2+キャンペーン比較!お得な申込先とお勧め端末の組み合わせを3つ紹介!

2015年8月WiMAX2+キャンペーン比較!お得な申込先とお勧め端末の組み合わせを3つ紹介!

[2015年8月WiMAX2+キャンペーン比較!お得な申込先とお勧め端末の組み合わせを3つ紹介!]

岡田氏の活動のお陰(?)で2015年7月15日(水)よりWiMAX2+の直近3日3GB超え通信速度制限時の下り速度が1Mbpsから6~8Mbpsに緩和されました。この下り速度の緩和は一時的なもので今後どれくらいの速度に変更されるのか全く不明ですが、2015年8月1日(土)現在、制限時でも下り速度が「8Mbps=1MB/秒」ほど出るため、多くの方はそれほど不満なくWiMAX2+を利用できている状況だと思われます。今後UQコミュニケーションズ(株)がどのような通信速度制限を正式に実施するかまだわかりませんけれど、一旦6~8Mbpsに緩和した下り速度を再び1Mbpsに戻すことはまずあり得ないでしょうし、もし通信速度制限が今よりも厳しくなるとしても、1Mbpsなんてことはないでしょう。とりあえず、何だかんだで最強のモバイルインターネットはしばらくWiMAX/WiMAX2+のはず?!それでは以上の内容を踏まえて(?)お得な申込先とお勧め端末の組み合わせを3つご紹介します。

<1.GMOとくとくBB WiMAX2+キャッシュバックキャンペーン+HWD15>
1位.GMOとくとくBB WiMAX2+キャッシュバックキャンペーン+HWD15
WiMAX2+データ通信機器「HWD15」:0円(送料無料)
キャッシュバック特典:27,750円(HWD15)
端末受取月の月額料金:無料
プロバイダメールアドレス:15個無料(捨てアドが作り放題!)
安心サポート:最大2ヶ月無料※3ヶ月目以降は300円/月(税抜)
公衆無線LANサービス「au Wi-Fi SPOT」:無料
グローバルIPアドレスオプション:96円/月(税抜)
LTEオプション利用料:1,005円/月(税抜)
申込手数料:3,000円(税抜)
ギガ放題の月額料金:1ヶ月目(端末受取月の翌月)~2ヶ月目3,609円(税抜/ユニバーサルサービス料込み)、3ヶ月~24ヶ月目4,263円(税抜/ユニバーサルサービス料込み)※2ヶ月目から毎月GMOとくとくポイントで月額料金が100円引き!
キャンペーン期間:2015年8月1日(土)~2015年8月31日(月)

GMOとくとくBBは大手MVNOの中では唯一HWD15の在庫が奇跡的に残っているMVNOです。キャッシュバック金額も先月と同じ27,750円ですし、2015年8月にWiMAX2+の申込契約を検討されている方は迷わずにGMOとくとくBBで『HWD15(【無印WiMAX】【WiMAX2+】【au 4G LTE】が利用可能)』を入手されると良いと思います。個人的に色んなところでWiMAX/WiMAX2+を利用していますが、やっぱり無印WiMAXとWiMAX2+が手動で切り替えられるHWD15(2015年4月23日のファームウェアのアップデートで使い勝手が大幅に向上)は貴重なWiMAX2+データ通信機器!在庫が切れる前に入手されることをお勧めします。

◆特別申込キャンペーンサイトの入り口はコチラをクリック⇒【GMOとくとくBB】WiMAX2+キャッシュバックキャンペーン

<2.GMOとくとくBB WiMAX2+キャッシュバックキャンペーン+W01>
2位.GMOとくとくBB WiMAX2+キャッシュバックキャンペーン+W01
WiMAX2+データ通信機器「W01」:0円(送料無料)
キャッシュバック特典:28,950円(W01)
端末受取月の月額料金:無料
プロバイダメールアドレス:15個無料(捨てアドが作り放題!)
安心サポート:最大2ヶ月無料※3ヶ月目以降は300円/月(税抜)
公衆無線LANサービス「au Wi-Fi SPOT」:無料
グローバルIPアドレスオプション:96円/月(税抜)
LTEオプション利用料:1,005円/月(税抜)
申込手数料:3,000円(税抜)
ギガ放題の月額料金:1ヶ月目(端末受取月の翌月)~2ヶ月目3,609円(税抜/ユニバーサルサービス料込み)、3ヶ月~24ヶ月目4,263円(税抜/ユニバーサルサービス料込み)※2ヶ月目から毎月GMOとくとくポイントで月額料金が100円引き!
キャンペーン期間:2015年8月1日(土)~2015年8月31日(月)

■『GMOとくとくBB』+『W01』の組み合わせといえば、私が1月末に契約した組み合わせです。W01は無印WiMAXが一切利用できませんが、その代わりWiMAX2+利用時の通信の安定性は現在発売されている端末の中では一番だと思います。また、キャッシュバック金額が28,950円と超高額なので、無印WiMAXが使えなくても良い方は、この組み合わせを選択されると良いと思います。

◆特別申込キャンペーンサイトの入り口はコチラをクリック⇒【GMOとくとくBB】WiMAX2+キャッシュバックキャンペーン

<3.So-net WiMAX2+キャッシュバックキャンペーン+W01>
3位.So-net WiMAX2+キャッシュバックキャンペーン+W01
WiMAX2+データ通信機器「W01」:0円(送料無料)
キャッシュバック特典:20,000円(W01)
利用登録月の月額料金:無料
プロバイダメールアドレス:1つ無料
公衆無線LANサービス「au Wi-Fi SPOT」:無料
グローバルIPアドレスオプション:96円/月(税抜)
LTEオプション利用料:1,005円/月(税抜)
申込手数料:3,000円(税抜)
ギガ放題の月額料金:1ヶ月目(利用登録月の翌月)~2ヶ月目3,697円(税抜/ユニバーサルサービス料2円&モバイルコース200円含む)、3ヶ月目~24ヶ月目4,182円(税抜/ユニバーサルサービス料2円&モバイルコース200円含む)
キャンペーン期間:2015年8月1日(土)~2015年8月31日(月)

■何らかの理由でGMOとくとくBBでWiMAX2+を申込契約したくない方はSo-netでW01を入手されると良いと思います。但し、どう考えてもGMOとくとくBBで契約されたほうがお得なのは疑う余地なしです。

◆特別申込キャンペーンサイトの入り口はコチラをクリック⇒【So-net】WiMAX2+限定キャッシュバックキャンペーン

※本家UQ WiMAXのHWD15の在庫が切れ、@nifty WiMAXのNAD11の在庫が切れ、手動で無印WiMAXに切り替え可能なWiMAX2+データ通信機器を取り扱っている大手MVNOはGMOとくとくBBだけになりました。現在WiMAX2+の申込契約を検討されている方はとにかくGMOとくとくBBでHWD15を選択してWiMAX2+をお申し込みされることをお勧めしたいと思います。

<おトク情報>
WiMAX2+のSIMカードは全てのWiMAX2+データ通信機器に挿し替え可能です。そのため、例えばW01(下り最高速度220Mbpsの端末)とHWD15(無印WiMAXとWiMAX2+が手動で切り替え可能な端末)が手元にあれば、2台のデータ通信機器を臨機応変に使い分けることができます。私の場合はGMOとくとくBB WiMAX2+キャッシュバックキャンペーンで入手したW01とヤフオクで入手したHWD14を使い分けていますが、今ならファームウェアのアップデートで使い勝手が大幅に向上したHWD15一台あれば十分だと思います。とはいえ、あえてHWD15(キャンペーンで入手)の他にW01の白ロムを購入して使い分けるのもアリだと思いますし、逆にW01をキャンペーンで入手してHWD15の白ロムを購入して使い分けるのもアリだと思います。端末2台持ちは電池切れ対策にも効果を発揮しますし、地味にお勧めです。ちなみにWX01に関しては入手されない方が良いと思います。というか、入手しないことを全力でお勧めします。

Speed Wi-Fi NEXT WX01が残念仕様の地雷端末だった件(泣)
W01 VS WX01スピードテスト対決!速いのはどちら?

WX01を入手して困っている人や後悔している人こそ、HWD15の白ロムを購入されると良いかもしれませんね?!

以上。
| PCプチ技能向上委員会?トップへ |

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ