PCプチ技能向上委員会? > 競馬 > ◎レッツゴードンキ!第46回高松宮記念(GI)の予想

◎レッツゴードンキ!第46回高松宮記念(GI)の予想

[◎レッツゴードンキ!第46回高松宮記念(GI)の予想]

◎レッツゴードンキ
△ウリウリ
△エイシンブルズアイ
△サトノルパン
△アルビアーノ
△ヒルノデンバー

単勝 ◎ 1点×50,000円
馬連 ◎-△ 5点×10,000円

追記:1着ビッグアーサー、2着ミッキーアイル、3着△アルビアーノで馬券はハズレました。朝から内有利の超高速馬場で内目の枠の1,2,3番人気が人気順にワンツースリーフィニッシュ。1着ビッグアーサーは父サクラバクシンオー、母父キングマンボ(リボー内包のミスプロ系)で同じサクラバクシンオー産駒のダッシャーゴーゴー(母父ミスプロ系、母リボー内包)やカノヤザクラ(母父ミスプロ系、母リボー内包、母母父サドラーズウェルズ)と似た血統の競走馬。スプリント戦の高速決着に強く、今日の馬場とメンバーであれば、福永騎手がスタートで出遅れない限り、何回レースをやり直しても優勝するような“完勝”でした。次走以降の最大の狙い目は良馬場のセントウルステークス(GII)。そして、スプリンターズステークス(GI)でダッシャーゴーゴーやカノヤザクラのように人気を裏切るのではないかと予想。2着ミッキーアイルは距離延長(プラス要素)で非根幹距離(プラス要素)だった阪急杯(GIII)を逃げ切った後の距離短縮(マイナス要素)の根幹距離戦(マイナス要素)のレースでしたから、勝ち切るには厳しい条件でした。3着アルビアーノは4勝中3勝が非根幹距離ですし、いかにも父ストームキャット系の競走馬で高速馬場の根幹距離のGIだとキレ負けて3着といった感じでした。4着アクティブミノルも激走したとはいえ、アルビアーノと同じくいかにも父ストームキャット系の競走馬で高速馬場の根幹距離のGIだとキレ負けて掲示板がせいぜいといった感じでした。◎レッツゴードンキは直線伸び始めたところで前が詰まる致命的な不利でムチを一度も使うことなく終了。但し、詰まっていなくても掲示板争いがやっとだったでしょうか?とりあえず、ビッグアーサーは父サクラバクシンオーで母父キングマンボで母母父サドラーズウェルズという魅力的な血統ですから、サクラバクシンオーの後継種牡馬として日本競馬界的に重要な一頭になりました。もしかすると今週のJRAによる作為的な内有利の超高速馬場はサクラバクシンオーの非サンデー系後継種牡馬を作り出すという一大裏プロジェクトの一貫だったりして・・・。生産者の視点に立つとビッグアーサー以上にこのレースを勝って喜ばしい競走馬は存在しませんから、100%あり得ないこともないと思いますがどうでしょう?

以上。
| PCプチ技能向上委員会?トップへ |

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ