PCプチ技能向上委員会? > 音楽関連フリーソフト > Audacity でMP3ファイルの不要な部分をカットする方法

Audacity でMP3ファイルの不要な部分をカットする方法

Audacityとは、

マルチトラック編集に対応した高機能な波形編集ソフトです。

音声ファイルの内容を視覚的に表現したグラフを用いて、

実際にデータを編集することができます。

ここではMP3ファイルの不要な部分をカットする方法について、

説明したいと思います。

*************************************************************

[MP3ファイルの不要な部分をカットする方法]

1.Audacity のダウンロード&インストール
  &MP3書き出しを行えるように設定。
  (詳細)Audacityの入手方法と使い方
  バージョン→Audacity 1.2.6
          LAME 3.97 release

2.Audacity を起動。

3.[ファイル]→[開く...]から編集したいMP3ファイルを開く。

4.削除したい部分を選択し、[カット]ボタンを押す。

(例)手に入れたMP3ファイルを聞いてみると、
最初の5秒間が無音だったためその5秒間をカット(下画像)。

<削除前>
audacity1

<削除後>
audacity2

5.[ファイル]→[MP3ファイルの書き出し...]
  →保存場所とファイル名を決めて[保存]をクリック。
  
もしうまく保存できないときは、

[編集]→[設定...]→[ファイル形式]タブにある

「ビットレート」を変更して再度挑戦してみましょう。

たぶんビットレートを元データより大きく設定しなければ、

問題なく保存できると思います。

ちなみに、ビットレートは元データより大きく設定しない方が良いです。

MP3は非可逆圧縮方式ですので、

ファイルサイズは増えるのにもかかわらず、

音質は劣化するだけですから。

後、lameエンコーダーでは、

CBR , VBR , ABR の3種類の保存方法が提供されていますが、

どうやらAudacity 1.2.6で利用できるのはCBR 方式のみのようです。

最新のβバージョンでは・・・。

最後に、Audacity はこんなことだけでなく、

もっと色んなことができるフリーソフトです。
| PCプチ技能向上委員会?トップへ |

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ