PCプチ技能向上委員会? > スポンサー広告 > 豪ドル円 FX 売買例@2009年11月23日PCプチ技能向上委員会? > FX > 豪ドル円 FX 売買例@2009年11月23日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

豪ドル円 FX 売買例@2009年11月23日

[豪ドル円 FX 売買例@2009年11月23日]

<豪ドル円 1分足チャート(2009年11月23日)>
豪ドル円 4時間足チャート(2009年11月23日)

1.ピンク色で「買いエントリー」と書いたところで上値抵抗線を上抜けし、20EMA &50EMA がゴールデンクロスしたのを確認してから「買い」参戦(ダブルボトム形成からの上昇も買い理由)。

2.20EMA を本格的に割ることはなく、黄丸でしっかり反発し、上昇トレンドを形成していることを確認し、ポジションを保持し続ける。

3.「4時間足チャートの20EMA に接触した位置」というところで、4時間足チャートの20EMA まで上昇したし、RSI(20) = 70を越えたので手仕舞い。

4.4時間足チャートの20EMA で撥ね返されると読んで、売り参戦(もし4時間足チャートの20EMAを上抜けしていたら損切りしていたが、結果的には下げた)。

5.この売りエントリーは手仕舞いが超早すぎたけれど、上のチャートの75EMA(水色線) を2度目に割ることなく反発したところでエグジット(これはもっと放置していたら結構とれた)。

<豪ドル円 1分足チャート(2009年11月23日18時00分)>
豪ドル円 1分足チャート(2009年11月23日)2

1.これも一つ上のチャートと同じ様に20EMA &50EMA がゴールデンクロスしたところで買い参戦。

2.20EMA を本格的に下回らないことを確認しつつ、ポジションを保持。

3.かなりエグジットが早かったけれど、二つ目の黄丸直前の山でRSI(20) = 70 を超えたので売り。

4.すかさず新規売りエントリー。

5.20EMA まで下げたが20EMA を下回らず反発しそうになったので慌ててエグジット。

6.そして、20EMA からの反発を確認して再び買いエントリー!

7.18時10分ごろ20EMA を下回ったところでエグジット。

8.更に新規売りエントリーで攻めようかと思ったけれど、もう止めた。

こんな感じで超単純思考で取引しています。

こんなんで勝てるんです。

ちなみに、記事投稿時18時30分現在の豪ドル円1分足チャートを見てみると、20EMA を本格的に下回ってから100EMA(5分足チャートの20EMA) まで下げた後、再び上昇してますね。

それでまた下げだして、まさにこの記事を投稿する瞬間の注目点は5分足チャートの20EMA を下回るかどうかといったところ。

売りでとれそうな・・でもこれから食事です。

以上。
| PCプチ技能向上委員会?トップへ |

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。