PCプチ技能向上委員会? > FX > 豪ドル円の為替の動き(IFO 注文でプチ儲け)@二つ前の記事の続き?

豪ドル円の為替の動き(IFO 注文でプチ儲け)@二つ前の記事の続き?

[豪ドル円の為替の動き(IFO 注文でプチ儲け)@二つ前の記事の続き?]

<豪ドル円 4時間足チャート(2009年11月24日05時40分)>
豪ドル円 4時間足チャート(2009年11月24日05時40分)

二つ前の記事で『買うとすれば、4時間足チャートの200EMA(白線) をきれいに越えてきたところかな?そこを上抜けすると、たぶん50EMA(青線)目指して上げそうな感じがします。』と記載しましたが、豪ドル/円の為替は一度20EMA 付近まで下げた後きれいに上昇し、200EMA(白線)を上抜け。その後、50EMA(青線)を越えたところまで上昇しました。

今回私がとった戦略は[寝る前にIFO 注文で4時間足チャートの200EMA を越えたところで買い注文]⇒[1時間足チャートの200EMA 手前で売り注文(ロスカット注文は200EMA を割ったところ)]。

気になって5時に起きてしまいましたが、勝手に売買は完了していました。

<豪ドル円 1時間足チャート(2009年11月24日06時05分)>
豪ドル円 1時間足チャート(2009年11月24日06時05分)

私が寝る前にちょうど1時間足チャートの20EMA(赤線) &50EMA(青線) がゴールデンクロスし、チャート的に200EMA(1日足の20EMA)までは上げるだろうと思ったのでそういう行動をとりました。

この記事投稿時(6時30分)の豪ドル円の動きは1時間足チャートの200EMA(1日足チャートの20EMA)で撥ね返されて、やや下げ基調。

注目ポイントは1時間足チャートの20EMA まで下げるかどうか、もしそこまで下げた場合、そこから反発するか20EMA を下回ってしまうかといった感じ。

以上。
| PCプチ技能向上委員会?トップへ |

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ