PCプチ技能向上委員会? > Windows 7 設定関連 > Windows 7 の不要なサービスを停止(無効)にする方法

Windows 7 の不要なサービスを停止(無効)にする方法

[Windows 7 の不要なサービスを停止(無効)にする方法]

1.[スタート]をクリック。

2.[スタート]すぐ上の検索窓に『msconfig』と入力し、[Enter]キーを押す。

3.「システム構成」ウィンドウが表示されたら、[サービス]タブをクリック。

システム構成 不要なサービス 無効 停止

4.停止させたいサービスのレ点を外し、[適用]をクリック。

5.Windows 7 を再起動。

これでWindows 7 の不要なサービスを停止させることができます。

Windows には、サービスと呼ばれるプログラムが存在します。

主にバックグラウンドで動作しており、ユーザーがWindows を快適に使えるよう、初めからインストールされています。

しかし、このサービスというものは、使用環境によって、とりわけ必要のないモノが存在します。

そのため、いらないサービスは、停止させてやると良いでしょう。

モノによっては、セキュリティの向上や、メモリー消費の低減につながります。

[Windows 7 で無効にしても良さそうなサービス一覧]

Bluetooth Support Service
Bluetooth を利用していなければ無効にしても確実に問題なし。

FAX
FAX を利用していなければ無効にしても確実に問題なし。

Parental Controls
保護者による制限機能を使っていなければ無効にしても確実に問題なし。

Print Spooler
プリンタを使っていなければ無効にしても確実に問題なし。

Remote Access Auto Connection Manager
リモート ネットワークへの接続を行わなければ無効にしてもたぶん問題なし。

Remote Access Connection Manager
リモート ネットワークへの接続を行わなければ無効にしてもたぶん問題なし。

Remote Registry
他のパソコンからレジストリの操作なんてしなければ無効に設定しても問題なし。
というか、確実に無効にしておいた方が安全。

Shell Hardware Detection
CDなどの自動再生を必要としなければ無効に設定しても確実に問題なし。

Smart Card
セキュリティキーとしてSmart Card を利用していなければ無効にしても確実に問題なし。

Smart Card Removal Policy
セキュリティキーとしてSmart Card を利用していなければ無効にしても確実に問題なし。

TCP/IP NetBION Helper
LAN 等を組んでいなければ無効にしても特に問題はないはず。

Tablet PC Input Service
Tablet PC なんて関係なければ無効にしても確実に問題なし。

Telephony
無線LAN 等使っていなければ無効にしてもたぶん問題なし。

Problem Reports and Solutions Control Panel Support
システムレベルの問題レポートの表示、送信など。
必要なければ無効にしても確実に問題なし。

Superfetch
長期間にわたり、システム パフォーマンスの維持および向上を図るサービス。
必要なければ無効にしても確実に問題なし。

Windows Defender
Windows Defender を利用していなければ無効にしても確実に問題なし。

Windows Error Reporting Service
エラーの報告等必要なければ無効にしても確実に問題なし。

Windows Media Player Network Sharing Service
WMP のネットワーク接続による共有を利用しなければ無効にしても確実に問題なし。

Wired AutoConfig
無線LAN を使っていなければ無効にしても確実に問題なし。

WLAN AutoConfig
無線LAN等利用していなければ無効にしても問題なし。

WWLAN AutoConfig
モバイルブロードバンドデバイスを利用していなければ無効にしても問題なし。

他にも無効・停止にしても問題ないサービスは多数。

でも、ひとまずこのくらいで。

※動作がおかしいと感じたら、無効・停止にしたサービスを有効にしたらいいだけ。

Windows 7 不要なサービスを無効&停止!
↑コチラの方が参考になるかもしれません。

以上。
| PCプチ技能向上委員会?トップへ |

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ