PCプチ技能向上委員会? > FX > 上値抵抗線上抜け⇒その後、その上値抵抗線が下値支持線に変わり機能した例

上値抵抗線上抜け⇒その後、その上値抵抗線が下値支持線に変わり機能した例

[上値抵抗線上抜け⇒その後、その上値抵抗線が下値支持線に変わり機能した例]

<豪ドル円 1時間足チャート(2009年12月04日17時頃?)>
豪ドル円 1時間足チャート(2009年12月04日17時前)

4回ほど撥ね返された上値抵抗線(黄色の線)が上抜けされ、豪ドル/円の為替は大きく上昇。

その後、大きく下げたが、今度は4回撥ね返されたかつての上値抵抗線が下値支持線として機能。

この黄色の線が認識できていたら、一番右の赤丸のところで1時間足チャートの50EMA(15分足チャートの200EMA)からの反発に積極的に買いで参戦できたという。

ちなみに、上の画像の黄色の線は以下記事中の黄色の線と同じ線。

上値抵抗線上抜けは買い@FX 売買戦略

以上。
| PCプチ技能向上委員会?トップへ |

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ