PCプチ技能向上委員会? > FX > 窓はきれいに埋められた(6)@米ドル円

窓はきれいに埋められた(6)@米ドル円

[窓はきれいに埋められた(6)@米ドル円]

<米ドル円 1分足チャート(2010年01月09日PS>
米ドル円 1分足チャート(2010年01月09日PS)

<米ドル円 5分足チャート(2010年01月09日PS)>
米ドル円 5分足チャート(2010年01月09日PS)

昨日の夜、米ドル円の1分足チャートを見ていると2分で1円以上下げる超下げが発生。

下げきったところで、すかさず買い注文を出すが、3回くらい注文が通らず、4回目にやっと注文が通る。

すごい勢いで底値から値が上昇し、買って1分でとりあえず買い注文を利確。

その後、買い注文を利確したところからもう少し上げたところで上げ止まり、再び下げだす。

十字線が出たあたりで新規売り注文を出そうか迷いつつも何もできずにしばらくただ1分足チャートを眺めている。

すると、一つ前の底値の水準+1分足チャートのRSI(20)=30以下まで下落、及び4時間足チャートの50EMAからの反発狙い+窓埋め狙いという理由ですかさず買い参戦。

これはすぐに上げてくれたのでしばらく買い注文を放置。

眠たくなってきたので値が5分足チャートの20EMAに到達した瞬間に利確して寝てしまう。

・・・が、朝起きてチャートを見てみると、窓はしっかり埋まっていて、あーやられたーって感じ。

ちなみに、窓埋め完了後は下降トレンドに転じている。

これまたお馴染みのパターン。

窓を空けたので即行で大晦日の売り手仕舞い⇒窓埋め狙いで即新規買いエントリー⇒窓が埋められたところで買い手仕舞い⇒さらに追撃新規売りエントリー

多分寝る前の出来事でなければ、上の記事と同じような行動をとっていたような気もしたりしなかったり。

窓はきれいに埋められた(5)@今日の朝一の豪ドル円FX取引

それにしても窓はほんと超高確率で埋められるなー。

以上。

P.S.

FXネタ復活。

競馬ネタも復活させる予定。

どんな記事が更新されるかはもうよくわからない。
| PCプチ技能向上委員会?トップへ |

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ