PCプチ技能向上委員会? > 楽天カード > 楽天カードを作成して楽天スーパーポイントを大量にゲット!楽天カードの申し込み手順&作成の流れはコチラを参考に>>

楽天カードを作成して楽天スーパーポイントを大量にゲット!楽天カードの申し込み手順&作成の流れはコチラを参考に>>

[楽天カードを作成して楽天スーパーポイントを大量にゲット!楽天カードの申し込み手順&作成の流れはコチラを参考に>>]

1.楽天カード新規申し込みページにアクセスします。

保障も万全!安心してネットショッピングに利用できる楽天カードのお申し込みページはコチラ▲

2.[エントリーはこちら]をクリックしてキャンペーンにエントリーします。
エントリーはこちら

※楽天カードの申し込みにはまず楽天市場の会員登録を済ませておく必要があります。楽天カードの会員登録にはメールアドレス・氏名(漢字)・氏名(フリガナ)・郵便番号・電話番号・生年月日・性別の入力が必要です。

3.[楽天カードお申し込みはこちら]をクリックします。
楽天カードお申し込みはこちら

4.楽天カードの申し込みページに必要事項を入力します。

楽天カードを申し込む際に入力する事項は以下の通りです。

※サラリーマンの方、主婦の方、学生の方..etcによって若干入力事項は違います。

ご希望のカードについて
ブランド選択:「JCB」or「MasterCard」or「VISA」から選択。
暗証番号  :4文字の半角数字を入力。
ETC カード :「申し込む」or「申し込まない」のどちらかを選択。
家族カード :「申し込む」or「申し込まない」のどちらかを選択。

お申込みご本人について
氏名(漢字)  :氏名を姓と名の間にスペースを入れて記入。
氏名(ふりがな):氏名を姓と名の間にスペースを入れて記入。
氏名(ローマ字):ローマ字(大文字)で氏名を記入。
郵便番号   :郵便番号をハイフンを入れて入力。
都道府県等  :住所を漢字とひらがなで入力。
自宅電話番号 :自宅電話番号をハイフンを入れて入力。
携帯電話番号:携帯電話番号をハイフンを入れて入力。
PCメアド  :パソコンのメールアドレスを入力。
携帯メアド  :携帯電話のメールアドレスを入力。
会員メルマガ :「希望するにチェック」or「非チェック」。
誕生日    :プルダウンメニューから選択。
性別     :「男」or「女」のどちらかにチェック。
ご家族について:「配偶者有 子供有」or「配偶者有 子供無」or「独身(家族同居)」or「独身(家族別居)」or「配偶者無 子供有」から選択。
居住状況   :「持家(自己所有)」or「持家(家族保有)」or「社宅・官舎」or「寮」or「借家」or「賃貸マンション」or「賃貸(公営住宅)」or「賃貸(公団)」or「アパート」or「下宿・間借」or「その他」から選択。
居住年数   :「1年未満」or「1年以上3年未満」or「3年以上5年未満」or「5年以上10年未満」or「10年以上15年未満」or「15以上」から選択。
借金     :「なし」or「あり」のどちらかにチェック。
請求書送付先 :「自宅」or「勤務先」のどちらかにチェック。

お支払口座について
金融機関選択:「金融機関(ネット口座振替以外)」or「ネット口座振替」のどちらかを選択。

楽天キャッシングについて
利用可能額:「50万円」or「45万円」or「40万円」or「35万円」or「30万円」or「0万円」から選択。

ご利用ごとのお支払方法について
お支払い選択:「あらかじめお支払い方法を指定」or「ご利用ことにお支払い方法を指定」のどちらかを選択。

主婦の方
世帯年収:前年度の税込み年収を入力。
免許証 :「なし」or「あり」のどちらかを選択。

5.審査があるので審査の可否判定を待ちます。
楽天カード発行状況確認 審査の可否判定

※審査の可否判定については基本的にメールにて連絡があります。
※人によっては楽天KC株式会社から本人確認等の電話がかかってくることがあります。
※電話がかかってくる場合は、楽天KCカードセンター 092-303-XXXX からの発信となります。
※092から始まる電話番号は楽天KC株式会社の所在地・福岡県からの電話になります。
※電話がかかってきても特に大したことは聞かれません。
※ちなみに、電話はかかってこない場合の方が多いかと思います。
※審査にかかる時間は申し込み者の属性によって様々です。
※即通過する人から1週間くらいかかる人もいたりと人によって違います。
※審査ははっきりいってかなりユルい方でしょう。
※審査期間が長いからといって、審査結果がNG とは限りません。

※楽天カードの審査に通らなかった場合、ステップ4で「申し訳ありませんが、お客様のカード発行を見合わさせていただきました。」というメッセージが出ます。

6.無事審査に通り、楽天カードの発行手続きが完了すると、楽天カードを自宅に郵送してくれます。

※楽天カードは基本的に『特定事項伝達型本人限定受取郵便』にて送付されます。

特定事項伝達型本人限定受取郵便とは?

郵便物を確実に名あて人本人に限ってお渡しする郵便です。

郵便物が郵便事業(株)の配達支店に到着したことを名あて人に封書で通知し、希望される郵便事業(株)のゆうゆう窓口で交付、もしくは名あて人本人に郵便物を配達します。

配達を希望される場合は、郵便事業(株)から「本人限定受取郵便物到着のお知らせ」が到着した後、中に入っている紙に記載されている電話番号に電話し、希望の配達日と本人確認書類を指定します。

すると、配達希望日に郵便局員が楽天カードをあなたの家に届けてくれます。

交付の際、本人確認資料を郵便局員に見せて本人であることを確認してもらい、本人確認資料の記号・番号等を郵便局員にひかえてもらった後、やっと楽天カードを受取ることができます。

※特伝型の手続きはややめんどくさいですが、本人確認書の郵送が不要なため、その点は良いです。

◆本人確認資料の記号・番号の確認は電話でも行われます。
◆提示資料は、下記<本人確認資料一覧>から一つを指定します。
◆郵便物の留置期間は10日間です。

<本人確認資料一覧>
[いずれか1点(氏名、住所及び生年月日の記載があるものに限る。)]
■ 旅券■運転免許証■外国人登録証明書■官公庁及び特殊法人の身分証明書で写真付きのもの■健康保険、国民健康保険又は船員保険などの被保険者証■共済組合員証■国民年金手帳■年金手帳■住民基本台帳カード(顔写真付)■公の機関が発行した写真付きの資格証明書(療育手帳、身体障害者手帳等)

※人によっては普通の簡易書留郵便で送られてくる場合もあります。

楽天カード 簡易書留郵便

また、佐川急便の本人確認配送で送られてくる場合もあります。

7.郵便配達員に指定した本人確認書を見せ、楽天カードを受け取ります。

※書留の場合は印鑑を押して楽天カードを受け取ります。

これで楽天カードの入手は完了です。

楽天カードの申し込みから入手まで、早ければ1週間かかりません。

8.楽天カードを受け取った後は同封されている「口座振替依頼書」に必要事項を記入&押印して返送します。

※この手続きは楽天カードの申込時にも手続き可能です。

楽天カードに新規入会すると、もれなく楽天スーパーポイントが2,000ポイントもらえます。

楽天カード新規入会特典の楽天スーパーポイント2,000ポイントを受け取る方法は?

1.楽天カードが手元に届く頃、登録メールアドレス宛に「e-NAVIサービス開始手続きのご案内」というメールが送られてきます。

2.そのメール内のリンクをクリックします。

3.必要事項を入力して楽天e-NAVIサービス開始します。

※楽天e-NAVIサービスの利用開始には楽天カード番号が必要です。
そのため、楽天カードを受け取ってからでないと楽天e-NAVIサービスは利用不可です。

4.楽天e-NAVI にログインして[ポイント受け取り申請]手続きを行います。

以上で約2営業日ほどで、あなたの楽天スーパーポイント口座に楽天スーパーポイントが2,000ポイント付与されます。

これでひとまず無料で楽天スーパーポイント2,000ポイントゲット完了です。

※この楽天スーパーポイントは付与された後、すぐに楽天市場で利用可能です。

楽天カード新規入会キャンペーン特典の楽天スーパーポイントを受け取る方法は?

楽天カード新規入会キャンペーンにエントリーして楽天カードを申し込むと、キャンペーン特典ポイントがもれなくもらえます。

キャンペーンよってもらえるポイントは様々ですが、このポイントは楽天カード申し込み後、約2~3ヵ月後に自動的にあなたの楽天スーパーポイント口座に付与されます。

☆私が楽天カードを作成した理由☆

楽天カードはお得な特典がいっぱい!年会費無料なのにポイントがどんどん貯まる!

・楽天市場でよく買い物をするから。
・楽天市場で楽天カードを利用して買い物するといつでもポイント2倍だから。
・楽天市場で金&土曜日に楽天カードを利用して買い物するとポイント3倍だから。
・ポイントは100円につき1ポイント貯まるから。
・ポイントは1ポイント=1円として利用できるから。
・入会金無料&年会費永年無料だったから。
・楽天カード新規入会特典ポイントがもらえたから。
・街のポイント加盟店で楽天カードを利用するとポイント最大3倍だから。
・安心してネットショッピングに利用できるから。etc...

楽天カードの国際ブランドはVISA・MasterCard・JCB のどれを選択するのがベスト?

楽天カードの国際ブランドを選択するとき、もしクレジットカードを1枚も持っていないのであれば、VISAで作成するのが一番無難でしょう。

VISAなら海外旅行・海外出張で海外に行った場合でもほとんどのお店で利用できますし、国内でもVISAが使えないところは少ないです。

また、国際ブランドのシェアを考えても、世界でも日本でもVISAはブッ千切りの1位です。

そのため、まずはVISAで楽天カードを作成することを考えられると良いと思います。

ちなみに、他社のクレジットカード等で既にVISAカードをお持ちの場合は、MasterCard が次にオススメです。

欧米への旅行の際などはMasterCard が使えるお店は多いです。

特にアメリカはMasterCard のシェアが大きいですよね。

VISAもMasterCard もお持ちであるならば、JCBを選択されると良いと思います。

JCBというのは日本のカード会社なので海外では使えるお店が限られてしまいますが、特に海外で使用する機会がないのであれば、JCB という選択肢も有力候補となります。

最後に、VISAもMasterCardもJCBもお持ちである場合、やっぱり楽天カードはVISAで作成するのがオススメです。

というのも、海外でクレジットカードを使用する場合、同じVISAカードでも機械にカードが通らないといった問題が起こり得るからです。

そんなとき、VISAカードを複数枚持っていると心強いです。

1つ目のVISAカードが通らなくても、2つ目のVISAカードはきちんと機械が認識してくれる場合もありますから。

また、海外にはあまり行かない人でも、海外のオークションサイトやネットショッピングサイトなどで商品を購入する人もいると思います。

そんなときも、JCB に対応していないサイトは多いので、やはりVISA で作成しておくと利用できないという事態に陥ることは少ないです。

基本的にVISA > MasterCard > JCBの順でオススメします。

但し、日本国内のみの利用であればJCB でこと足りるでしょう。

私の場合はVISA もMasterCard も持っており、JCBだけ持っていなかったのでJCB で楽天カードを申し込みしました。

<マイ楽天カード@JCB>
MY楽天カード

※楽天カードはJCB、MasterCard、VISAそれぞれの国際ブランドを重複して発行することは不可能です。

また、楽天カード申し込み手続き後のブランド変更も不可能なので注意が必要です。


保障も万全!安心してネットショッピングに利用できる楽天カードのお申し込みページはコチラ▲

以上。
| PCプチ技能向上委員会?トップへ |

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ