PCプチ技能向上委員会? > スポンサー広告 > 三回目の上値抵抗線上抜けトライ失敗は分かりやすい売りサイン+三角持ち合い下離れは分かりやすい売りサインのコンビネーション@FX売買戦略?PCプチ技能向上委員会? > FX > 三回目の上値抵抗線上抜けトライ失敗は分かりやすい売りサイン+三角持ち合い下離れは分かりやすい売りサインのコンビネーション@FX売買戦略?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三回目の上値抵抗線上抜けトライ失敗は分かりやすい売りサイン+三角持ち合い下離れは分かりやすい売りサインのコンビネーション@FX売買戦略?

[三回目の上値抵抗線上抜けトライ失敗は分かりやすい売りサイン+三角持ち合い下離れは分かりやすい売りサインのコンビネーション@FX売買戦略?]

<英ポンド円 5分足チャート(2010年02月07日PS)>
英ポンド円 5分足チャート(2010年02月07日PS)

上画像の赤四角で囲った部分での出来事。

<英ポンド円 1分足チャート4(2010年02月07日PS)>
英ポンド円 1分足チャート4(2010年02月07日PS)

<英ポンド円 1分足チャート5(2010年02月07日PS)>
英ポンド円 1分足チャート5(2010年02月07日PS)

1.1番上の画像の黄色の上値抵抗線の3つ目のピンク色の〇のところで売りエントリー。

3回目の上値抵抗線上抜けトライ失敗は分かりやすい売りサイン?@FX 売買戦略

2.売った後すぐに大きく下げてくれたので売り放置。

3.1分足チャートを見ていると、明らかに三角持ち合いを形成&20EMA・50EMA~200EMAの位置関係から、三角持ち合い下離れを想定。

英ポンド円 超キレイな三角持ち合い下離れから見事な激下げ!

4.しばらく1分足チャートを眺めていると、見事に三角持ち合い下離れが起こる。当然売り放置。

5.力強く200EAMを下に突き抜けたのを見て大きく下げるとほぼ確信。

6.じわじわ下げるのを眺めながら、手仕舞いの位置を考える。

7.すると、RSI(20)=30を下回り、かつ十字線を形成したのでそこで手仕舞いして様子見。

8.その後、上下しながら1分足チャートの20EMAに到達した後一気に下げるが売れずにただチャートを眺めている。

9.チャートを眺めていると、再びRSI(20)=30を下回る水準まで下げ、そこから反発したので打診買い。

10.買った後一気に上げてくれたのでとりあえず買い放置。

11.20EMAを越えた後少し下げるが、下値支持線は割れずに再び上げだしてくれたので当然買い放置。

12.あれよあれよという間に1分足チャートの200EMA&5分足チャートの50EMAに到達。ここは三角持ち合いの上値抵抗線の延長部でもあったし、気持ちよく手仕舞い。これで一連の戦いは終わった。

たぶんフィクションです。

以上。

P.S.

20EMAが超キレイな上値抵抗線&下値支持線となった例+取引解説?

上リンク先記事内画像『英ポンド円 1分足チャート3(2010年02月07日PS)』とこの記事の1番上の画像は似ている。

どちらも4回目の上値抵抗線ダマシ上抜けからの激下げ。

そして、たぶんフィクション?の記事を書いていて気付いたんだけど、金曜日の夜、最後に売りエントリーを手仕舞いした位置は上リンク先記事内画像『英ポンド円 15分足チャート(2010年02月07日PS)』を見る限り、結構理に適っていたんだなと思ってみたり↓。

大きな上下の揺さぶりは大下げ(or 大上げ)の合図になる場合が多い@FX売買戦略?
| PCプチ技能向上委員会?トップへ |

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。