PCプチ技能向上委員会? > FX > 米ドル円4時間足チャートの20EMAからの下落&1分足チャート・5分足チャートのRSI(20)=70からの下落&窓埋めによる下落を狙ったコラボ取引@英ポンド円+α

米ドル円4時間足チャートの20EMAからの下落&1分足チャート・5分足チャートのRSI(20)=70からの下落&窓埋めによる下落を狙ったコラボ取引@英ポンド円+α

[米ドル円4時間足チャートの20EMAからの下落&1分足チャート・5分足チャートのRSI(20)=70からの下落&窓埋めによる下落を狙ったコラボ取引@英ポンド円]

<英ポンド円 1分足チャート(2010年05月10日7時13分PS)>
英ポンド円 1分足チャート(2010年05月10日PS)

6時起床。

メタトレーダーを起動。

大きく窓が開いたのを確認。

6時59分、米ドル円が4時間足チャートの20EMAに到達(上画像水色□右ピンク○)したのを確認。

1分足チャート・5分足チャートのRSI(20)=70を超えているし、7時からの1時間足は超高確率で下げると読み、取引開始と同時に「英ポンド円」を瞬速新規売りエントリー(上画像青○)。

※基本的に米ドル円が下げるということは英ポンド円も下げる。

7時13分、窓は埋まり切っていないが、ひとまずRSI(20)=30まで下げたところで利益確定(上画像赤○)。

13分で約1.4円抜き。

これはかなり効率的。

その後・・・・

<英ポンド円 1分足チャート(2010年05月10日10時35分PS)>
英ポンド円 1分足チャート(2010年05月10日10時35分PS)

9時4分、黄色の下値支持線、左から4つ目のピンク○のところ(30分足チャートの20EMA直上)で新規買いエントリー。

30分足チャートの20EMAが下値支持線として機能するとの判断&日足チャートの変わり目からの上昇を読んでの新規買いエントリー。

9時5分からいい感じで上げてくれたので買い放置。

10時30分、上画像水色□内黄色の上値抵抗線、左から3つ目のオレンジ○のところで1分足チャートのRSI(20)=70に到達したので手仕舞い。

約1時間半で2円抜き。

今日の取引はこれで終了。

たぶんフィクションです・・ということで。

以上。

P.S.

<英ポンド円 30分足チャート(2010年05月10日12時15分PS)>
英ポンド円 30分足チャート(2010年05月10日12時15分PS)

今後の動きについて色々書こうと思った(いや、かなり色々書いていた)のけれど・・・載せるのはやめたー。

では。
| PCプチ技能向上委員会?トップへ |

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ