PCプチ技能向上委員会? > Windows 7 設定関連 > Windows XP Mode を2つ以上のプロセッサコアで動かす方法@VMWare Workstation 7

Windows XP Mode を2つ以上のプロセッサコアで動かす方法@VMWare Workstation 7

[Windows XP Mode を2つ以上のプロセッサコアで動かす方法@VMWare Workstation 7]

<Windows XP Mode CPU 4コア>
Windows XP Mode Windows  タスクマネージャ CPU 使用率の履歴 CPU 4コア

Windows XP Mode を2つ以上のプロセッサコアで動かす方法だけ端的に記載。

0.VMware Tools 等を一通りインストール。

1.C:\WINDOWS\Driver Cache\i386内の『sp3.cab』をデスクトップにコピー&解凍。

2.解凍したフォルダ内の「halaacpi.dll」、
及び「halmacpi.dll」をC:\WINDOWS\system32へコピー。

3.[スタート]→[マイ コンピュータ]上で右クリック
→[プロパティ]をクリック→「システムのプロパティ」の[詳細設定]タブをクリック。

4.[詳細設定]タブ内「起動と回復」の[設定]をクリック。
Windows XP Mode システムのプロパティ 詳細設定タブ 起動と回復 設定

5.「起動と回復」内の[編集]をクリック。
Windows XP Mode 起動と回復 編集

6.「boot.ini - メモ帳」が開くのでboot.ini を以下のように編集&上書き保存。

Windows XP Mode boot.ini 編集

[boot loader]
timeout=30
default=multi(0)disk(0)rdisk(0)partition(1)\WINDOWS
[operating systems]
multi(0)disk(0)rdisk(0)partition(1)\WINDOWS="Microsoft Windows XP Professional" /noexecute=optin /fastdetect
multi(0)disk(0)rdisk(0)partition(1)\WINDOWS="Microsoft Windows XP Professional (ACPI/APIC)" /noexecute=optin /fastdetect /hal=halaacpi.dll

7.Windows XP Mode を一度シャットダウン。

8.Windows XP Mode - VMWare Workstation の[仮想マシン設定の編集]をクリック。

9.プロセッサ数&プロセッサごとのコアの数を変更。
VMWare Workstation 仮想マシン設定の編集 プロセッサ数 プロセッサ数ごとのコアの数
同時にメモリも増やしておくとよい。

10.Windows XP Mode を『Microsoft Windows XP Professional (ACPI/APIC)』を選択して起動。

Windows XP Mode オペレーティングシステムの選択

11.「ハードウェアの自動認識」が「ACPI マルチプロセッサ PC」を検出。
ドライバのインストールが終了したら、指示に従ってPCを再起動。

12.今度はWindows XP Mode を『Microsoft Windows XP Professional』を選択して起動。

13.boot.ini の設定を元に戻す。

※boot.ini は、Windows XP の起動に必要なシステムファイル。
編集に失敗すると、XP mode が起動しなくなる可能性アリ。

※11で『Microsoft Windows XP Professional (ACPI/APIC)』を選んでしまうとヒドイ目にあう可能性アリ。

以上。

P.S.

今更感たっぷりの記事。書いてみたかっただけ。

2011年になったみたいです。あけお。
| PCプチ技能向上委員会?トップへ |

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ