PCプチ技能向上委員会? > VMware > VMware Workstation 7 にWindows 98 Second Edition をインストールする方法

VMware Workstation 7 にWindows 98 Second Edition をインストールする方法

[VMware Workstation 7 にWindows 98 Second Edition をインストールする方法]

<Windows 98 SE@VMware Workstation 7 on Windows 7 64BIT OS>
Windows 98 SE@VMware Workstation 7 on Windows 7 64BIT OS

0.Windows 98 Second Edition.ISO を用意(ImgBurn を利用してCD-ROM をISO化)。Windows 98 SE.flp を用意(参考:Windows 98 SE の起動フロッピーディスクイメージファイルの作り方)。
Windows 98 Second Edition.iso Windows98SE.flp

1.VMware Workstation を起動。

2.[新規仮想マシン]をクリック。

3.[標準]を選択→[次へ]をクリック。

4.[インストーラディスクイメージファイル]を選択。

5.[参照]をクリック→『0で用意したWindows 98 Second Edition のISO イメージファイル』を選択→[次へ]をクリック。

7.[次へ]をクリック。

8.[ディスク最大サイズを選択(ひとまず2GB にしておいた)]→[仮想ディスクを単一ファイルとして格納]にチェック→[次へ]をクリック。

9.[ハードウェアをカスタマイズ]をクリック。
VMware Workstation 新しい仮想マシンウィザード ハードウェアをカスタマイズ

10.[フロッピー]を選択→[起動時に接続]にチェック→[フロッピーイメージファイルを使用する]にチェック→[参照]をクリック→[0で用意したWindows98SE.flp]を選択→[OK]をクリック。
VMware Workstation ハードウェア フロッピー 起動時に接続 フロッピーイメージファイルを使用する

11.[完了]をクリック。

12.Microsoft Windows 98 セットアップメニューが表示されるので[1]を選択。

13.[fdisk]と打ち[Enter]キーを連打。fdisk が立ち上がるのでパーテーション確保。

14.[Esc]キーを押してしてfdisk から脱出。

15.[restart]と打ち[Enter]キーを押す。パーテーションを有効にするために再起動。

16.再びMicrosoft Windows 98 セットアップメニューが表示されるので[1]を選択。

17.[format C:]と打ち[Enter]キーを押す。C ドライブをフォーマット。

18.[y]と打ち[Enter]キー×2連打。

19.[setup]と打ち[Enter]キー×2連打。

20.[Exit]を選択。

21.Windows 98 セットアップ画面に移るので指示に従ってセットアップを続ける。

22.再起動する→一度仮想マシンをパワーオフ。

23.10の[起動時に接続]のチェックを外す。イメージファイルも外す。再起動した時に再度MS-DOS に入ってしまうため。

24.Windows 98 SE 仮想マシンをパワーオン。

25.Windows 98 SE が立ち上がるので、ユーザー情報を入力。

26.再起動する→時計を設定→再起動する→ログインする。

こんな感じでVMWare Workstation 7 にWindows 98 Second Edition をインストールすることができた。

12~26あたりかなり適当だな。

後18と19の間にもうひと作業必要な場合あり。

というか、もっと効率よくインストールできる?!

とりあえず、以上。
| PCプチ技能向上委員会?トップへ |

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ