PCプチ技能向上委員会? > Windows 7 設定関連 > Windows 7 のハイバネーション(hiberfil.sys)を無効(削除)にする方法

Windows 7 のハイバネーション(hiberfil.sys)を無効(削除)にする方法

[Windows 7 のハイバネーション(hiberfil.sys)を無効(削除)にする方法]

1.[スタート]→[プログラムとファイルの検索]に『cmd』と入力→表示された[cmd.exe]を右クリック→[管理者として実行]をクリック。

2.コマンドプロンプトが管理者として開かれたら、『powercfg.exe /hibernate off』と入力し、[Enter]キーを押す。
hiberfil.sys 削除
これでハイバーネーションを無効にでき、hiberfil.sys ファイルが削除される。

hiberfil.sys

ハイバネーションファイル(hiberfil.sys)とは、パソコンを休止状態にする際、メモリー内のデータを一時的にハードディスクドライブへ保存するための予約領域。

休止状態を使わないという人は、Windows 7 のハイバネーション機能を無効に設定しておいた方がいいかも。

その方がHDD(SSD)の空き容量が増えるので。

特に64bit OS で大容量メモリーを積むとhiberfil.sys の容量が大きくなるため、ハイバーネーション無効によるHDD(SSD)の空き容量の増加はバカにできない。

hiberfil.sys を削除しても、[スリープ]はS3(PCによってはS1/S2)として作動可能。

■ハイバネーション有効→『powercfg.exe /hibernate on』と入力後[Enter]キーを押す。

Windows 7 のページングファイル(pagefile.sys)をなしに設定する方法

以上。
| PCプチ技能向上委員会?トップへ |

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ