PCプチ技能向上委員会? > WiMAX > 「Try WiMAX レンタル」体験記3~レンタル機器返却・感想編

「Try WiMAX レンタル」体験記3~レンタル機器返却・感想編

[「Try WiMAX レンタル」体験記3~レンタル機器返却・感想編]

Try WiMAX レンタルを思う存分堪能させてもらい、いよいよレンタル機器を返却。

「Try WiMAX レンタル本申込登録完了」メールに記載されていた【返却期限日】までにデータ通信機器を返却しないと、登録したクレジットカードにて機器購入代金相当額(UD03SS:12,800円)を支払うハメになるので、早めに機器を返却。

<UQ データ通信機器の返却方法>
(1)ウェブでの集荷予約(佐川急便)
Try WiMAX 返却受付はこちら
https://trywimax.uqwimax.jp/pickupRegistForm.html
(2)郵便局等への持ち込み(ゆうパック・着払い)

今回はレンタル機器が入っていた小型のダンボール箱に返却物を入れ、ゆうパック(着払い)で駅前のローソンから発送。ウェブでの集荷(佐川急便)は利用しなかった。

返却が完了すると、「Try WiMAX レンタル返却手続き完了のお知らせ」メールが届く。そこに【返却手続き完了日】が記載されている。きちんと返却期限日までに返却完了したから、クレジットカードのショッピング利用枠を一時的に機器購入代金相当額分確保されている料金が引き落とされることはないはず。

<「Try WiMAX レンタル返却手続き完了のお知らせ」メール>
Try WiMAX レンタル返却手続き完​了のお知らせ

<「Try WiMAX レンタル」の具体的ではない感想>
屋内利用・・・“あくまで我が家”でのワイマックス通信速度は低速だった。「Try WiMAX レンタル」を試してみて、マイホームでワイマックスを利用するのは止めておこうと思った。というか、諦めざるを得ない通信速度だった。ADSL の代替利用は現時点では完全に諦めた。窓際の出来る限り通信良好な位置に通信無線LAN 内臓ホームWiMAX ルータ等を設置してモバイルワイマックスを利用するというのもアリだが、そこまでしてMOBILE WiMAX に拘る理由は特にない。あわよくば、ある程度低額でかつ定額で自宅でも外出先でもPCでインターネットが利用できたら便利だなーと思ったのだけれども。ちなみに、自宅でワイマックスをメイン利用しようと考えた場合、サービスエリア内であろうが「Try WiMAX レンタル」を試すことなくワイマックスを契約するのは怖くてムリだと思った。それと、個人的にmobile WiMAX は建物内で繋がりにくいということを実感。サービスエリア内でも、奥まったところだと繋がらなかったり、通信速度の大幅低下を度々経験した。短期間しか利用していないのに、建物内だと窓際必須みたいなイメージがこびりついた。実際WiMAX 利用者で窓際病の人多いんじゃない?お店に入ったらとにかく窓際の席確保みたいな。たとえ大都市部でも。そうでもない?

屋外利用・・・快適に通信できるところでは本当に快適にワイヤレスインターネットを利用できた(当たり前)。外だとそこそこ問題なく利用できた。とはいえ、たぶん快適に利用できるところでしかワイマックス接続しなかったんだと思う。いや、きっと。主な利用場所は、とある大きな駅、とある観光名所のベンチ、とある医大の駐車場、とある大型ホームセンターのベンチなど。

「Try WiMAX レンタル」の申し込み条件は、過去90日間以内に本サービスの利用履歴がない方、貸出機器の未返却履歴のない方ということなのでまた半年くらい経ったら借りてみようかな?

「Try WiMAX レンタル」体験記1~申込編
「Try WiMAX レンタル」体験記2~レンタル機器到着・セットアップ・UQ WiMAX 堪能編

とりあえずWiMAX が気になる方は「Try WiMAX レンタル」を自分で試してみることオススメ。結局自分で使ってみないと具体的なことはわからないよねー投げやり。

WiMAX申込キャンペーン(BIGLOBE/@nifty/So-net)を比較【2014年3月】

以上。
| PCプチ技能向上委員会?トップへ |

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ