PCプチ技能向上委員会? > PCプチ技能向上委員会 > Unicode の制御文字「RLO(Right-to-Left Override)」を使ってファイル名を偽装する方法

Unicode の制御文字「RLO(Right-to-Left Override)」を使ってファイル名を偽装する方法

[Unicode の制御文字「RLO(Right-to-Left Override)」を使ってファイル名を偽装する方法]

1.メモ帳を起動。

2.例えば『PCPUCHI』と入力後、メモ帳内で右クリック→[Unicode 制御文字の挿入(I)]の[RLO Start of right-to-left override]を選択。
RLO Start of right to left override

3.『PCPUCHI』のすぐ後に『fdp.txt』と入力。
PCPUCHItxt.pdf
RLO により『PCPUCHItxt.pdf』と表示される。

4.『PCPUCHItxt.pdf』をコピー。

5.[ファイル]→[名前を付けて保存]の順にクリック。
メモ帳 名前を付けて保存

6.ファイル名のところに4.でコピーしたものをペーストし、[保存]をクリック。
メモ帳 名前を付けて保存(2)

すると、『PCPUCHItxt.pdf』という見た目がpdf ファイル的なtxt ファイルが作成される。
PCPUCHIfdp.txt

これがもしexe 形式の実行ファイルでアイコンまで偽装されたらうっかり・・!?

■Unicode の制御文字を使いファイル名偽装、ウイルス「RLTrap」検出報告5万件
http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20111107_489024.html

普通にファイル名にUnicode 制御文字の挿入すればおkだったり。

何をいまさらと思う人も多そう?

以上。
| PCプチ技能向上委員会?トップへ |

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ