PCプチ技能向上委員会? > Windows 8 設定関連 > Windows 8 のデバッグ情報の書き込みを無効に設定する方法

Windows 8 のデバッグ情報の書き込みを無効に設定する方法

[Windows 8 のデバッグ情報の書き込みを無効に設定する方法]

1.Windows 8 の検索窓で『システムの詳細設定』と検索します。

Windows 8 の検索窓で『システムの詳細設定』と検索

2.[システムの詳細設定の表示]をクリックします。

3.「システムのプロパティ」ウィンドウの[詳細設定]タブが表示されたら、
  「起動と回復」欄の[設定]をクリックします。

4.「起動と回復」ウィンドウが表示されたら、
  「デバッグ情報の書き込み」下のドロップダウンリストボックスから(なし)を選択します。

Windows 8 のデバッグ情報の書き込みを無効に設定

ついでに「システム ログにイベントを書き込む」のチェックボックスもオフに。

5.[OK]をクリックします。

これでデバッグ情報の書き込みは無効になります。

ほとんどのエンドユーザーはWinDbg 等を使ってクラッシュダンプの解析とかしないでしょうし、デバッグ情報の書き込みはなしで問題ないと思います。

と思いますが、逆にデバッグ情報の書き込みをわざわざ無効にしようと思うような人であれば、WinDbg 等を使ってみてもいいんじゃない?と思ったりもします。

以上。
| PCプチ技能向上委員会?トップへ |

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ