PCプチ技能向上委員会? > Windows 8 設定関連 > Windows 8 でHyper-V とVMware Workstation を使い分ける方法

Windows 8 でHyper-V とVMware Workstation を使い分ける方法

[Windows 8 でHyper-V とVMware Workstation を使い分ける方法]

Hyper-V とVMware Workstaion は互換性がないため、
共存させて同時に利用することは不可能です。

しかし、Hyper-V をOS 起動時にオフにする BCD ファイルを作成し、
そちらから起動させたOS にVMware をインストールすれば使い分け自体は可能です。

1.コマンドプロンプトを起動します。

Hyper-V をOS 起動時にオフにする BCD ファイルを作成

2.『bcdedit /copy {current} /d "VMware Workstation"』と入力して[Enter]キーを押します。

VMware Workstation のところは任意の名前でOKです。
これがオペレーティングシステムの選択画面に表示される新しいブート・エントリの名前になります。

3.『bcdedit /set {上に表示されたID} hypervisorlaunchtype off』と入力して[Enter]キーを押します。

4.コマンドプロンプトを終了してWindows 8 を再起動します。

するとオペレーティングシステムの選択画面が表示されます。

Windows 8 でHyper-V とVMware Workstation を使い分け

上を選択するとWindows 8 が通常起動されてHyper-V が使えます。

下を選択するとハイパーバイザー機能がオフの状態でWindows 8 が起動されてVMware Workstation が使えます。

Creating a "no hypervisor" boot entry
https://blogs.msdn.com/b/virtual_pc_guy/archive/2008/04/14/creating-a-no-hypervisor-boot-entry.aspx?Redirected=true

以上。
| PCプチ技能向上委員会?トップへ |

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ