PCプチ技能向上委員会? > Windows 8 設定関連 > Windows 8.1 のスタートボタンをStartIsGone を利用して消す方法

Windows 8.1 のスタートボタンをStartIsGone を利用して消す方法

[Windows 8.1 のスタートボタンをStartIsGone を利用して消す方法]

Windows 8 をWindows 8.1 にアップデートするとスタートボタンが復活します。

Windows 8 をWindows 8.1 にアップデートするとスタートボタンが復活

でも、このスタートボタンは押してもスタート画面とデスクトップ画面を切り替えるだけの代物ですし、Windows 8 でスタートボタンがない環境に慣れていたり、そもそもスタートボタンが要らない人にとっては邪魔でしかありません。

というわけで、StartIsGone for Windows 8.1 というフリーソフトを利用してWindows 8.1 のスタートボタンを消す方法です。

1.StartIsGone.zip をダウンロード&解凍します。

2.稼働中のWindows 8.1 のビット数に合わせて[x64(64ビット)]フォルダ、または[x86(32ビット)]フォルダ内の[StartIsGone.exe]をダブルクリックして実行します。

これでWindows 8.1 のスタートボタンはきれいさっぱり消えます。

StartIsGone を利用してスタートボタンを消す方法

※通知領域に追加されたアイコンを右クリックして[Run at startup]をクリックすると、Windows 起動時にStartIsGone for Windows 8.1 が作動するように設定できます。また、[Hide tray icon]をクリックすると、StartIsGone for Windows 8.1 のアイコンを消すことも可能です。

Windows 起動時にStartIsGone for Windows 8.1 が作動するように設定

それにしても、まさかスタートボタンを消すためにわざわざフリーソフトを使う羽目になるとは...。

ちなみにClassic Shell 4.0 を導入すると、Windows 8.1 のスタートボタンをWindows 7 ライクなスタートボタンに変更して有効活用することも可能です。

Classic Shell 4.0 を導入してWindows 8.1 のスタートボタンを有効活用

以上?
| PCプチ技能向上委員会?トップへ |

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ