PCプチ技能向上委員会? > 競馬 > ◎フェノーメノ!第150回天皇賞(秋)の予想

◎フェノーメノ!第150回天皇賞(秋)の予想

[◎フェノーメノ!第150回天皇賞(秋)の予想]

◎フェノーメノ(5歳)
ハイレベルな現5歳世代の中でも屈指の実力馬です。ここでは“格が違う”と思うので本命で!ひと雨降って少し渋化した速い上がりタイムが要求される馬場はこの馬に向きそうですし、天皇賞(春)(GI)を勝った時より状態が良さそうなので勝ち負けを期待します。

◯ペルーサ(7歳)
非根幹距離の芝1800mで行われた毎日王冠(GII)から距離延長で根幹距離の若干渋った東京芝2000mのGIへの条件替わりがものすごく魅力的です。鞍上が柴田先生なのであまり期待できませんが、どれくらいやれるか非常に楽しみです。

▲スピルバーグ(5歳)
もともと3歳時にフェノーメノやディープブリランテと僅差の競馬をしていた馬です。前走の毎日王冠(GII)は3着でしたけれど、負けて強しの内容でした。スムーズに差せれば上位争いしそうです。

☆ジェンティルドンナ(5歳)
ハイレベルな現5歳世代の中でも屈指の実力馬です。少し落ち目な感じですが、格好は付けてくれるかと?

△ディサイファ(5歳)
前走時より状態はかなり良さそうです。

馬連 ◎→◯、▲、☆、△ 4点×40,000円(間違い。10,000円)
ワイド ◎-◯ 1点×10,000円

追記:1着▲スピルバーグ、2着☆ジェンティルドンナ、3着イスラボニータで馬券はハズレました。レース中盤に12秒台のラップタイムが4連発するようなどスローからの上がり3F高速決着になってディープインパクト産駒のワンツーでした・・・。1着▲スピルバーグはトーセンラーの全弟で馬体重が500kgを超えるディープインパクト産駒の期待馬。もともと3歳時にフェノーメノ(GI=2勝)やディープブリランテ(ダービー馬)やゴールドシップ(GI=5勝)相手に上がり最速で僅差の競馬をしていた馬ですし、プリンシパルS(OP)ではアルキメデスやサンレイレーザーやクリールカイザーやエアソミュールあたりをぶっ千切って上がり最速で優勝した馬です。スローペースからの上がり高速決着になればこれくらい走れても不思議ではない馬です。次走マイルCS(GI)に出走すれば高確率で勝ち負けできると思うのですが、陣営はジャパンC(GI)を選択しそうです。2着☆ジェンティルドンナは休み明け初戦でしたが、きっちり連を確保して実力を示しました。パンパンの良馬場ならジャパンC(GI)3連覇も夢ではない気がします。3着イスラボニータは15番枠ながら3着を確保しました。スローペースからの上がり高速決着は得意ですし、ジャパンC(GI)でも期待できそうです。但し、非根幹距離のレースで勝ち過ぎているので根幹距離のGIでは勝ち切れない気がします。14着◎フェノーメノは1000mの通過タイムと位置取りを見てダメだと思いました。次走のジャパンC(GI)は天皇賞(秋)(GI)よりスローペースからの上がり高速決着になりやすいレースですし、そうなれば今走と同じく上位争いは難しい気がします。狙うとすれば“パンパンの良馬場”で行われた場合の有馬記念(GI)でしょうか・・・?でも、天皇賞(春)(GI)を連覇するような馬ですから、有馬記念(GI)は違うような気も・・・。とりあえず、秋のGI3戦でフェノーメノを本命にするならここしかないと思いましたが、瞬間的に加速できる脚が要求される超スローペースになってしまって大敗してしまいました。残念でした・・・。馬場も思ったより悪かったのかな....。次はエリザベス女王杯(GI)?いや、JBCだ!

第150回天皇賞(秋)(GI)のラップタイム

以上。
| PCプチ技能向上委員会?トップへ |

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ