PCプチ技能向上委員会? > WiMAX > W01でµTorrentを使ってUbuntu(ISO)をダウンロードした結果

W01でµTorrentを使ってUbuntu(ISO)をダウンロードした結果

[W01でµTorrentを使ってUbuntu(ISO)をダウンロードした結果]

Speed Wi-Fi NEXT W01(WiMAX2+/ハイスピードモード)でBitTorrent(ビットトレント)クライアント「µTorrent」を使って「Ubuntu 14.10 64bit 日本語 Remix ISOファイル(ubuntu-ja-14.10-desktop-amd64-20141124.iso/北陸先端科学技術大学院大学/1.22GB)」のダウンロード実験を行いました。W01(WiMAX2+/ハイスピードモード)でµTorrentを使ってUbuntu 14.10 ISOファイルをダウンロードした実験結果は以下の通りです。

<Speed Wi-Fi NEXT W01ダウンロード速度@TCP Monitor Plus>
Speed Wi-Fi NEXT W01でTorrentファイルをダウンロード!
ダウンロード時間:4分55秒
平均受信速度:4554.47KB/s(約36Mbps)

Ubuntu 14.10 64bit 日本語 Remix ISOファイル(ubuntu-ja-14.10-desktop-amd64-20141124.iso)のファイルサイズは1.22GBですが、4分55秒でダウンロードが完了しました。TCP Monitor Plusで記録された平均ダウンロード速度は4554.47KB/sでした。また、µTorrentに表示された瞬間最高ダウンロード速度は4.9MB/s(約40Mbps)でした。

µTorrentに表示された瞬間最高ダウンロード速度は4.9MB/s

やっぱりWiMAX2+(Speed Wi-Fi NEXT W01)は速いです。前に同じ実験をWiMAX(URoad-Aero)で行ったことがありますが、WiMAX2+(Speed Wi-Fi NEXT W01)のダウンロード速度は少し格が違う印象です。

Speed Wi-Fi NEXT W01は2015年2月12日(木)に栃木県真岡市より開始されるキャリアアグリゲーション(WiMAX2+の下り最大速度110Mbps⇒220Mbps化)に対応する初めてのデータ通信機器(2015年春以降にアップデート予定)ですが、下り最大速度が220Mbpsに高速化された暁には一体どれほどのダウンロード速度が出るのか本当に楽しみです。

自慢話で恐縮ですが、私の住まいは“WiMAX2+の基地局に対しての立地条件がかなり良い”らしく、室内の机の上にW01を普通に置くだけでも以下の記事の通り、WiMAX2+が超ハイスピードで利用できます。

Speed Wi-Fi NEXT W01でスピードテストした通信速度結果
Speed Wi-Fi NEXT W01でWindows10を6つ同時ダウンロードした結果

<W01でNURO Bizスピードテストを実行した結果(記事投稿前)>
W01でNURO Bizスピードテストを実行した最高結果

おそらくWiMAX2+の下り最大速度が220Mbpsに高速化されたら、その恩恵を十二分に享受できるはずです。

とりあえず、1月末にGMOとくとくBBでWiMAX2+Flatツープラスを契約して大正解でした。

2015年1月末に私がGMOとくとくBBでWiMAX2+を契約する理由
GMOとくとくBBでWiMAX2+を契約!機器到着までの流れを紹介!

これで心置きなく現在契約中のSo-net WiMAX Flat 年間パスポートを契約更新月(2015年3月)に解約できそうです。

ちなみにWiMAX2+は2015年4月以降、前日までの直近3日間で「WiMAX2+」「au 4G LTE」の通信量の合計が3GBを超えた場合「WiMAX2+」「au 4G LTE」の通信速度が翌日にかけて制限される予定ですが、たとえ制限されるとしても大体700kbps以上は保証されるようなので、個人的にはそれほど不自由なくWiMAX2+が使えそうです!

以上。
| PCプチ技能向上委員会?トップへ |

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ