PCプチ技能向上委員会? > WiMAX > W01でNUROスピードテスト実行⇒下り瞬間最高速度102Mbps!

W01でNUROスピードテスト実行⇒下り瞬間最高速度102Mbps!

[W01でNUROスピードテスト実行⇒下り瞬間最高速度102Mbps!]

ノートパソコンと【GMOとくとくBB】WiMAX2+キャッシュバックキャンペーンで無料で入手したSpeed Wi-Fi NEXT W01(WiMAX2+/ハイスピードモード)をWi-Fi接続(5GHz)してグーグルクロームでNUROスピードテストを10回ほど実行してみました。スピードテストのベスト結果は下画像の通りでした。

<W01でNUROスピードテストを実行したベスト結果>
Speed Wi-Fi NEXT W01(WiMAX2+/ハイスピードモード)でNUROスピードテストを実行したベスト結果
下り回線速度:97.13Mbps(12.14MByte/sec) 測定品質99.2 接続数16
上り回線速度:7.635Mbps(954.4kByte/sec) 測定品質91.9 接続数4
※W01の設置場所はSpeed Wi-Fi NEXT W01でスピードテストした通信速度結果という記事と同じく自分の部屋にある机の上の角で、ノートパソコンの設置場所はそのすぐ横です。

10回とも殆ど同じスピードテスト結果で、残念ながら下り速度が100Mbpsを超えることはありませんでした。ところが、何となく4回目のスピードテストの途中にWindows 8.1 ProのタスクマネージャーでWi-Fiパフォーマンスをチェックしてみたところ、瞬間瞬間では何度も下り速度が100Mbpsを超えている事に気付きました(あくまでWindows 8.1 Proのタスクマネージャー的に)。

それで5回目以降のスピードテストではタスクマネージャーで下り瞬間最高速度をチェックしつつスピードテストを実行しました。そうすると6回目以降に何度も下り瞬間最高速度102Mbpsを記録しました。

<Windows8.1ProタスクマネージャーのWi-Fiパフォーマンス画像>
W01(WiMAX2+/ハイスピードモード)でNUROスピードテスト実行時の瞬間下り最高速度が102Mbpsを記録!

そして、スピードテスト結果がベストだったときのWi-Fiパフォーマンスは下画像の通りでした。

Speed Wi-Fi NEXT W01(WiMAX2+/ハイスピードモード)でNUROスピードテストを実行したときのベスト記録

スピードテストの最中に何度も下り瞬間速度が100Mbpsを超えたため、グラフの縦軸の単位(スループット)が[200Mbps]と[500Mbps]で表示されました。高速な光回線利用者なら見慣れていると思いますが、WiMAX2+利用者で見慣れている人はそれほど多くないのでは・・?

以上。
| PCプチ技能向上委員会?トップへ |

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ